時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

森友学園問題の深層は? ―安倍政権にボディブローか―

f:id:Nobuhiko_Shima:20170414182302j:plain

今月より新たな連載コラムとしてまぐまぐ様にて「虫の目、鳥の目、歴史の目」を開始いたします。今回本メルマガを開始するにあたって、私が物事を考察する上で重要と考える鍵をタイトルにつけました。今後ともよろしくお願いします。

f:id:Nobuhiko_Shima:20170414194816j:plain

 

 森友学園問題は、安倍首相夫妻が絡んでいたことがわかってから格好のワイドショー番組の餌食となった。しかも森友学園を運営する籠池泰典理事長(当時)夫人と安倍首相夫人の昭恵さんとの大量のメールのやり取りが明らかになると、にわかに政治問題化し、首相官邸側は火消しに躍起となっている。

続きをお読みになりたい方は以下リンクより購読登録の上お読みください。初月の登録は無料です。

www.mag2.com

トップ画像:Google map

20日のフジテレビ「奇跡体験!アンビリーバボー」にて嶌のノンフィクション「日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた」(角川書店)が紹介されます

f:id:Nobuhiko_Shima:20160512200144j:plain

スタッフです。先日、嶌が1年半ほど前に上梓した「日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた」(角川書店)の3刷が決定した旨をお知らせしましたが、来週木曜日(20日)のフジテレビ系「奇跡体験!アンビリーバボー」( 19時57分~20時54分)にて本書が紹介されることになりました。

f:id:Nobuhiko_Shima:20170414132603j:plainf:id:Nobuhiko_Shima:20170414135429j:plain

奇跡体験!アンビリーバボー」はビートたけしさんがストーリーテラーを務め、 剛力彩芽さん、バナナマンのお二人がレギュラーで出演されています。世界中の幸福な奇跡、常識や科学では解明できない超常現象、怪奇現象などアンビリバボーな話を97年10月からお届けされているご長寿番組です。

今回は春爛漫、桜にちなんだ2つの心温まるエピソードをお届けされる予定です。後半にて「日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた」に描かれているウズベキスタンタシケント市に現存するオペラ劇場「ナボイ劇場」の建設秘話の再現ドラマと主人公の永田行夫さんのご子息のインタビューやご遺族の資料、ウズベキスタンに咲く桜などが紹介される予定です。

f:id:Nobuhiko_Shima:20170414135515j:plain
画像:今回の主人公である永田行夫さんの生前のお姿

今回の放送概要
「異国の地で咲き誇る桜に秘められた日本人の心」
中央アジアの国、ウズベキスタン
首都・タシケントの市内には現在1000本もの桜が咲き誇っている。

第二次世界大戦終了後、ソ連の捕虜となった日本人は各地に抑留されていた。永田行夫らはウズベキスタンに送還され、ソ連政府の革命30周年を記念したオペラハウスの建設を課せられていた。極寒の地での強制労働。過酷な環境の中、疲弊していく日本兵たち・・・

そんな中、永田だけは全員での日本への帰国を諦めなかった。そして彼にはもう一つの目標が・・・

異国の地で咲き誇る桜に秘められた、知られざる日本人の心をお伝えする。

 

 今回、本番組制作にあたり、ナボイ劇場建設に携わられた方のご遺族の皆様をはじめ、嶌が会長を務める日本ウズベキスタン協会、嶌本人が全面協力しております。

ぜひ、この機会に若き日本の抑留者たちの労苦と協力・和の精神が中央アジア全体に多くの親日国を作ったことにつながったことを知って頂き、満州抑留兵のもうひとつの秘話を多くの方に広めて欲しいと思っています。また、日本人論を再考し、感涙の物語を記した本書も一読頂けると幸いです。

※トップ画像:嶌が昨年ウズベキスタンを訪れた際に撮影したナボイ劇場
以下は以前この物語の主人公の永田行夫さんが嶌がインタビューアーを務める「嶌信彦のエネルギッシュトーク」にゲストでお越しいただいた音源です。ご興味をお持ちの方は合わせてお聴きください。

16日 TBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』 ゲスト:将棋界の「レジェンド」加藤一二三様

f:id:Nobuhiko_Shima:20170316143458j:plain

スタッフです。次回16日(日)のTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』(21:30-22:00)は、史上最年長棋士として現役を続けている将棋の加藤一二三九段をゲストにお迎えいたします。

子どもの頃、将棋棋士としてやっていく決意をしたきっかけや、当時の名人に掛けられた忘れられない言葉。棋士となってから、スランプに陥ったときの意外な対処法などなどにつきお伺する予定です。

他局ではありますが、3月27日に放送されたNHK総合「ノーナレ」の再放送が同日17:30より「諦めない男 棋士 加藤一二三」が放送されるようです。羽生善治 三冠、神谷広志 八段のコメントやバラエティー番組で共演する南海キャンディーズ山里亮太様などのコメントも紹介される、加藤様の魅力が詰まった番組です。

「ノーナレ」はナレーション一切なしの29分間の新しいドキュメンタリー番組です。 

加藤様が上梓された書籍の一部を合わせてご紹介いたします。 

ポピュリズムと自国第一

f:id:Nobuhiko_Shima:20170413164838j:plain

 "自国第一"主義が世界を揺るがし始めている。トランプ・アメリカ大統領の"アメリカ・ファースト"の思想と政策が、EU各国をはじめ世界に伝染し始めているからだ。グローバル化、IT化などが進む中で各国とも中間層の二極化、没落が目立ち社会に不満が高まっている。

 そうした社会不安をすくい上げる言葉として「自国第一」というフレーズは受けが良くナショナリズムを刺激し、ポピュリズム大衆迎合主義)に発展しやすい。

 トランプ大統領は、アメリカ・ファーストの中味としてTPP(環太平洋戦略的経済連携)からの離脱、NAFTA北米自由貿易協定)の破棄、環境の新枠組であるパリ協定への不参加、多国間より二国間で貿易交渉を進める、軍事費を大幅に増額、反イスラム主義――などを強調してきた。

 一方、EUでもフランスのルペン国民戦線代表もやはりフランス第一、反グローバル主義、反テロを掲げて4月の大統領選に向けてトップの支持率を保っている。ドイツではメルケル首相がトランプやルペンの考え方に反対しているが野党の「ドイツのための選択肢」のペトリー共同党首やオランダ自由党オーストリア自由党は移民やEU負担の増加に反発し、反テロ、反イスラム主義を掲げ過激派集会にはドイツ、フランス、オランダなどの右派党首が集結しているのだ。

 またハンガリーのオルバン首相は、反難民入国の急先鋒となり国境に有刺鉄線を張り、催涙ガス、放水などで難民を追い払っている、ルペン党首たちは扇動的な演説などで既存の体制を批判し、一般大衆の不満と願望をすくいあげることによって人気を高めている。ただ、具体的政策には乏しく、もっぱら過激な発言で注目を集めているのが実態ともいえる。

 こうした中で3月のオランダの下院選挙では排外主義を叫んでいた反イスラム、反移民の極右・ウィルダース氏の自由党は5議席増としたが第一党にはなれなかった。しかし、与党(中道右派)も左派も大幅に議席を減らしており、決してポピュリズムの火が消えたわけではないのだ。

 今後EUでは4月に注目のフランス大統領選があり、ドイツの連邦議会選挙(9月)などが続く。第二次大戦後、EUでは3度目の大戦は決して起こさないことを誓って欧州経済共同体からEUへと発展させ、政治、安保を含めた"ヨーロッパ合衆国"を築いてきた。その牽引役が大戦前の仇敵フランスとドイツだった。

 そこへかつて欧州の盟主として長く君臨していたイギリスがEUから離脱する。一方、東南アジア共同体も分断状況を呈し始めた。こうした中で日本はどう動くのか、軸がみえない。
【財界 2017年4月18日 第445回】

お花見会へのお誘い

f:id:Nobuhiko_Shima:20170410161347j:plain

ソメイヨシノのお花見シーズンはほぼ終了しましたが、今度は八重桜が真っ盛りです。恒例の日本ウズベキスタン協会のお花見会を新宿御苑で今週の土曜日(4月15日)午前11時から14時頃まで催します。参加希望の方は、事前にお申し込みの上、10時30分に新宿御苑の新宿門前広場にお越しください。

当日は首相官邸主催の花見会「桜を見る会」も午前10時まで行われる予定ですが、かちあうことはないと思います。毎年多くのウズベクの知人、友人、子供さんたちも参加してくれます。一般の方もぜひお気軽に友人、ご家族をお誘いのうえご参加ください。

f:id:Nobuhiko_Shima:20170403171449j:plain

参加費は1500円(会員及び留学生は1000円)でおいしいお弁当やビンゴ大会もあります。準備の都合、4月12日(水)までに下記を参照の上日本ウズベキスタン協会事務局までお申し込み下さい。

新婚ほやほやの協会理事であり、ウズベク語講座の講師を務めるファヒリディンさんもご夫妻で参加予定です。

f:id:Nobuhiko_Shima:20170410163023j:plain

日  時:4月15日(土)集合時間10時30分 / 入園時刻11時
                  雨天中止
集合場所:新宿御苑 新宿門前広場 
     ※担当者がウズベキスタンの国旗を持ってお待ちしております。

 ※画像をクリックすると地図の拡大図が見られます。

 

 

 

 

 

参加費:1,500円(当協会会員及び留学生は1,000円)、中学生以下は無料

準備の都合がありますので、ご参加の方は以下ご連絡下さい。

申込み:以下の内容を記載の上日本ウズベキスタン協会事務局宛お申し込み下さい。
メール(jp-uzbeku(ここに@を入れてください)nifty.comクリックでメーラーが開きます
または電話( 03-3593-1400)、FAX(03-3593-1406)
・参加者の氏名
・参加者の会員種別(会員・一般,留学生,12才以下)
・緊急連絡先(複数名でお申し込みの場合は代表者のみ)

お願い:当日ビンゴゲ-ムをします。500円以下の賞品を用意の上参加下さいますようお願いいたします。

また、少量でも構いませんのでお菓子の差入れ等も大歓迎です。
多くの方のご参加をお待ちしています。

※画像は昨年のお花見の模様

昨日 TBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』 ゲスト:瀬木比呂志様(明治大学法科大学院教授) 2夜目音源掲載

f:id:Nobuhiko_Shima:20170214150245j:plain

スタッフです。昨日のTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』(21:30-22:00)の先週に引き続き明治大学法科大学院教授の瀬木比呂志様をお迎えした2夜目の音源が番組サイトに掲載されました。

順調にキャリアを積んできたのに、なぜ法曹界を辞め、その現状を批判するようになっていったのかなどにつきお伺いいたしました。

 前回放送の東京大在学中に司法試験に合格し、裁判官になった経緯や、官僚主義がはびこっていると云う裁判所の現状や、日本の司法は欧米先進国のレベルから外れ危うい状況であるなど、リベラルアーツが軽視されている日本の司法の問題点などについてお伺いした放送は、今週水曜正午まで番組サイトにてお聴きいただけますのでお聴き逃しの方は合わせてご利用ください。

瀬木様の書籍が現在好評発売中です。合わせてご覧ください。

次回は、史上最年長棋士として現役を続けている将棋の加藤一二三九段をゲストにお迎えし、将棋界の「レジェンド」に、思い出の名勝負を振り返っていただきながら、対局への意欲は衰えず、最後まで戦い抜く道を選んだ理由などについてお伺いする予定です。

9日 TBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』 ゲスト:瀬木比呂志様(明治大学法科大学院教授) 2夜目

f:id:Nobuhiko_Shima:20170214150245j:plain

スタッフです。9日のTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』(21:30-22:00)は、先週に引き続き明治大学法科大学院教授の瀬木比呂志様をお迎えいたします。

順調にキャリアを積んできたのに、なぜ法曹界を辞め、その現状を批判するようになっていったのかなどにつきお伺いいたします。

 先週放送の東京大在学中に司法試験に合格し、裁判官になった経緯や、官僚主義がはびこっていると云う裁判所の現状や、日本の司法は欧米先進国のレベルから外れ危うい状況であるなど、リベラルアーツが軽視されている日本の司法の問題点などについてお伺いした放送は、番組サイトにてお聴きいただけますのでお聴き逃しの方は合わせてご利用ください。

瀬木様の書籍が現在好評発売中です。合わせてご覧ください。