時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

8月24日に開催された東京六本木ロータリークラブ様での卓話の内容

スタッフです。8月24日に開催された 東京六本木ロータリークラブ様での卓話内容が公開されました。掲載が大変遅くなり申し訳ございません。
 

卓話 『安倍政権論』
平成27年8月24日

今日は私なりの安倍政権論をお話しします。

今、一番週刊誌に書かれているのは体調の問題ですね。血を吐いたとかトイレに行く回数が多くなったとか言われています。安倍さんの側近に聞くと、今年は夏風邪がひどかったけれど週刊誌に書いてあるようなことはなく、元気だということです。体調はそうでも安倍内閣の支持率はちょっと黄色信号がついた感じで、新聞では30%台という数字が出ています。

その要因は安保法制の問題が広まったことにあると思います。安保法制はいろいろ問題があって議論もあっちこっち飛ぶもんですから国民には非常に分かりにくい。衆院を通って60日過ぎても参院で可決できなかったら衆院に差戻せるのですが、自民党としては参院で通してもらう方がいい。差戻すとすると早くて9月10日前後、遅くて18日が今の日程のようです。国会は24日までなので18日だと1週間しかなく、さらに連休が入るので、官邸は18日では困るといって、今そのせめぎ合いをやっているようです。

安保法案にこれだけ国民の反対が広がったのは、今年の春、安倍さんがアメリカで夏までに通すと約束しちゃったからですね。まだ国会で議論もしていない法案をアメリカで約束した。もう一つは参考人憲法学者が3人とも反対で、自民党が呼んだ先生にも憲法違反だと言われた。そんな法案を通していいのかという世論が広がってきました。同時にこの法案の相手はどこなんだという点。

一応中国が仮敵国になっているけれど、中国は本当に日本と戦争するのか、リアリティを感じない状況でアメリカを助けるために日本がホルムズ海峡とかに行っていいのかということです。これはやはり安倍さんの思想が背後にあるんだと思います。安倍さんのお祖父さんは岸信介さんで、その岸さんがやりたかった自主憲法を作るという思想は、今まで自民党の誰も手をつけられなかった。それを自分の手でやりたいと考えているんじゃないか。

総裁選は今のところ安倍さん1人の可能性が強いですね。そしてそのあとの人事。安倍さんは谷垣幹事長も菅官房長官も閣僚も、ほぼ今のままが最も安全だと思っていると思います。なぜかというとこれは実は深刻な問題で、つまり自民党に人材がいなくなっている。誰かを持ってくると何か問題を起こすんじゃないか。それが実は今の自民党の大きな問題です。

安倍さんだけでなく、実は今、世界全体が黄信号です。アメリカはアジアや中東から引き、それに対抗して中国が力をつけている。アメリカが引いた分を日本が穴埋めして欲しいというのが安保法制の根底にあるわけです。中国は今、厳しい経済、国内情勢にありますが、それを補うため相当大きい構想力で世界に仕掛けています。例えば安全保障では核心的利益は絶対に譲らないけれど経済では日本とうまくやっていく。一方でアジアインフラ銀行を作って中国の企業を押し込み、中国の経済もよくしようと考えている。だから日本も同じように大きな構想力を持って対応しないとどんどん小さくなってしまう。それをこれから議論しなければと思っています。