読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

いよいよ月曜日開催 シンポジウム「複雑化する国際情勢を読み、語り解く ――イスラム、中国バブル、アメリカ、安倍政権――」

私が会長を務める日本ウズベキスタン協会のシンポジウム「複雑化する国際情勢を読み、語り解く ――イスラム中国バブル、アメリカ、安倍政権――」がいよいよ来週月曜日(11月9日)に開催となりました。だいぶお申し込みも増えましたが、まだ若干の空きがありますので足を運んでいただけるのをお待ちしています。

最近の国際、国内情勢は複雑多岐にわたり、相互に関連しあって一層わかりにくくなっているようです。そこで今回は日本の立ち位置を中心にすえて、それぞれの問題、専門分野のことを討論して頂きたいと思っています。また、今回、常に原点を「日本」において討論したいと考えています。

パネリストには日本の政局、政策に詳しい政治部記者の第一人者である毎日新聞論説委員の倉重篤郎 氏、イスラム世界の専門家である東京外国語大学大学院 小松久男特任教授、アメリカと世界、日本経済に詳しい青山学院大学 榊原英資特別招聘教授、日中を往復しいつも新しい情報を仕入れてい るジャーナリストで拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聡氏の四人、司会にTBSシニアコメンテーター 川戸 惠子氏、コーディネートは 私が務めます。

当日は最後に私の拙著「日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた」の特別サイン販売会を行ないますので、まだお読みになられていない方はぜひこの機会にお買い求めいただけると幸いです。

日時 11月9日(月) 午後6時半(開場6時)~9時
場  所 日比谷図書文化館大ホール(日比谷公園日比谷図書館地下)

大きな地図で見る
参 加 費 一般1,500円 当協会会員1,000円(当日払い)(会員と同伴の方は会員価格1,000円)
主  催 NPO日本ウズベキスタン協会
パネラー
敬称略
倉重 篤郎(毎日新聞論説委員
小松 久男(東京外国語大学大学院 特任教授)
榊原 英資(青山学院大学 特別招聘教授)
富坂 聡(拓殖大学海外事情研究所 教授/ジャーナリスト)
嶌 信彦(当協会会長、ジャーナリスト)
司会:川戸 惠子(TBSシニアコメンテーター)
申込方法  先着200名
 「シンポジウム申込み」として「氏名」「連絡先電話番号」「一般(又は会員)」を記し、メール(jp-uzbeku@nifty.com)又は電話(03-3593-1400)、FAX(03-3593-1406)にてNPO日本ウズベキスタン協会事務局までお申し込みください。
申込締切 11月5日(木)
※残席がある場合は当日の入場も可能です