読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

国際交流基金主催の文化ミッションで訪問した日本人墓地参拝の模様がウズベキスタンのニュースで放映されました

お知らせ ウズベキスタン

f:id:Nobuhiko_Shima:20160824120849j:plain

スタッフです。ウズベキスタンのテレビニュースで8月2日から国際交流基金主催の文化ミッションで訪問したウズベキスタンタシケント市の日本人墓地(ヤッカサライ墓地)に参拝した模様が報道され、その動画がYoutubeに掲載されましたのでご案内いたします。

日本人墓地に向かう様子。

f:id:Nobuhiko_Shima:20160824121122j:plain

f:id:Nobuhiko_Shima:20160824121133j:plain


現地の方々にご尽力により綺麗に保たれています。

f:id:Nobuhiko_Shima:20160824121210j:plain

献花の様子(画像一番上も同様)

f:id:Nobuhiko_Shima:20160824121259j:plain
画像手前より、安倍昭恵様、嶌、 加藤 文彦駐ウズベキスタン特命全権大使

参拝後の一コマ。

f:id:Nobuhiko_Shima:20160824121345j:plain


現地で放送された映像(尺:1分17秒)


ウズベキスタンには収容所がタシケントの他5か所あり、現地で亡くなられた日本人は1008人といわれています。タシケント市のお墓は日本人抑留者記念館の前にあり、タシケントの各収容所で亡くなられた79人が埋葬され、毎週ウズベク人の女性たちが掃除をしてくださっています。

中山恭子ウズベキスタン大使ご夫妻や福島県ウズベキスタン文化経済交流協会、抑留され劇場建設にあたられた加藤金太郎氏らのご尽力によって全国の有志から寄付が集まり、現在はウズベキスタン抑留地各地に立派なお墓が建立され、春になると桜が満開になります。

嶌が昨年9月末に上梓した「日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた」の舞台であるナボイ劇場建設に携わられた方々でこの墓地に埋葬されているのは、1947年7月に劇場建築の高所作業中に転落した永尾清氏と1946年12月に列車にひかれた野村浅一氏の2名。ナボイ劇場建設に携われた方々は帰国後第四ラーゲル会を作り、度々この墓地に参拝されておりました。