時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

15日 TBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』 ゲストに池澤夏樹様(作家)をお迎え 2夜目

f:id:Nobuhiko_Shima:20161208134401j:plain

スタッフです。15日(日)のTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』(21:30-22:00)は、ゲストに芥川賞を受賞され、多くの翻訳作品も手がけられている作家の池澤夏樹様をお迎えする予定です。

本日アマゾンの全集部門のランキングで池澤様が手がけられた日本文学全集の「枕草子/方丈記/徒然草」が1位となっております。

世界を辺境から見つめ、文学の眼鏡と科学の眼鏡を携え旅先で執筆を続けたこと、「日本文学全集」の編集を引き受けた理由や、父で作家の福永武彦氏への思いなどをお伺いする予定です。

前回放送の30代の3年間をギリシャに住み、40代の10年間を沖縄に暮らし、60代の5年間をフランスで過ごし、現在札幌在住の池澤様に、詩や翻訳、小説、エッセーなど多くの著作物を手がけてこられた作家人生につきお伺いした放送は、来週水曜日まで番組サイトにてお聞きいただけますので、お聴き逃しの方はぜひ合わせてご利用ください。

池澤様の新たな本が「知の仕事術」が昨日発売になりました。混迷を深める現代という時代を知的に生きていくためには、1「情報」、2「知識」、3「思想」が必要です。それをいかにして獲得し、更新していくか、 自分の中に知的な見取り図を作るために、どうすればいいのかということを、新聞や本との付き合いかた、アイディアや思考の整えかたまでを指南されている本です。

さらに、17日には話題の古典新訳を手掛けた作家たちは作品についてどう捉え、どう訳したのかなど作品の魅力や訳の工夫を語った、大好評の古典講義をまとめた本「作家と楽しむ古典 古事記 日本霊異記・発心集 竹取物語 宇治拾遺物語 百人一首」も発売となります。