時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

明日開催 シルクロード・ウズベクや京都府舞鶴市の魅力を知ろう~加藤前ウズベク大使ご夫妻などをお招き~

f:id:Nobuhiko_Shima:20170627141114j:plain

スタッフです。いよいよ明日嶌が会長を務める日本ウズベキスタン協会の2017年の総会を18時から東京日比谷の日本プレスセンターで開催します。

総会終了後18時30分から昨年8月まで日本の駐ウズベク大使を務められた加藤文彦ご夫妻(元通産省)をお招きし、嶌との対談にてウズベクでの生活の話をお伺いいたします

加藤様在任中には安倍総理が訪問され、中央アジアに注目が集まりました。ウズベキスタンは、紀元前4世紀にアレキサンダー大王が制圧するなど歴史も古く、いまなお当時のシルクロードが現存するなど人気の観光地です。

最近、直木賞芥川賞にダブルノミネートで注目の作家・宮内悠介様の話題の書籍「あとは野となれ大和撫子」(角川書店)ではアラル海が舞台となっており、多くの作家、写真家なども魅了している土地です。

大使在任中は非常にお忙しい生活を送られていたようですが、奥様とご一緒に現地の生活を楽しまれたと伺っております。

トップ画像は昨年8月に国際交流基金の派遣でウズベキスタンを訪れた際に撮影されたもの。中央が加藤前大使、右端が真弓夫人。

ウズベキスタン協会は発足して実質20年になりますが、ここ数年のウズベクの変化は目を見張るものがあります。対談では、若い人や市民の生活など、また対日感情の動きや加藤ご夫妻がウズベク生活をどのように楽しんだかについても具体的にお話をお伺いする予定です。

f:id:Nobuhiko_Shima:20131108095056j:plain

画像:京都府舞鶴市の五老ケ岳から見た舞鶴

対談後、昨年の総会にて引き揚げの様子等に関してお話いただいた、京都府舞鶴市 スポーツ振興課 課長 小谷裕司様より舞鶴市におけるウズベキスタンとの交流に関してお話いただく予定です。舞鶴市は先日、2020年の東京オリンピックパラリンピックにおけるウズベキスタン共和国のホストタウンに決定し、舞鶴市では学校給食にウズベク料理を出すなど、さまざまな交流をされています。

f:id:Nobuhiko_Shima:20170627144048j:plain

画像:舞鶴引揚記念館に展示されているユネスコ世界記憶遺産に登録されている国の地図。ウズベキスタンは現存する最古のコーランが登録されている。

総会後の対談等には一般の方のご参加も可能ですので、ウズベキスタン中央アジアシルクロードにご興味をお持ちの方など、ぜひ多くの方のご参加をお待ちしています

【開催概要】

[日 時]6月28日(水)18時30分開始 20時終了予定
※18時より日本ウズベキスタン協会の総会を行なっておりますため、開始時刻が若干遅れる場合がありますのでご了承ください。

[場 所]日本プレスセンター 9階 東京都千代田区内幸町2-2-1<

[交 通]東京メトロ 千代田線・日比谷線 霞ヶ関駅 C4

     東京メトロ 丸ノ内線 霞ヶ関駅 B2

     都営三田線 内幸町駅 A7
     ※駐車場はありません。

[会 費]1000円(当日受付にてお支払いください)

[申込先]NPO日本ウズベキスタン協会まで

     電話(03-3593-1400)、ファックス(03-3593-1406)、

     メール(jp-uzbeku@nifty.com

     ※満席になり次第受付終了