時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

欧州の政治家に見送られたコール元首相 ―東西ドイツを奇跡的に統合したステーツマン―

 

f:id:Nobuhiko_Shima:20170703174459j:plain

スタッフです。本日まぐまぐ有料メルマガに増刊号として標記のコラムを掲載しました。

 ドイツの故コール首相は大男だった。そのせいか、いつもゆったりとした動きに見え、意地の悪いマスコミの中には「大男、総身に知恵がまわりかね」などと皮肉る向きもあった。そんなコール首相だったが、東西ドイツの統一を巡る動きは素早かった・・・

 

続きに掲載されている本記事の見出し
・一年で統合の条件を整える
・電光石火の吸収合併策 ・アメリカ、欧州諸国、旧ソ連にも手を打つ
・ステーツマンを生み続けた戦後ドイツ

続きは以下メルマガにてごらんください。(初月無料)

www.mag2.com

 

画像:wikimedia commons 1989年12月22日、ブランデンブルク門が開放された日のコール(中央左)と東ドイツ閣僚評議会議長ハンス・モドロウ(左端)、西ベルリン市長ヴァルター・モンパー(中央右)