時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

17日 BS朝日「ザ・インタビュー」に出演 ゲスト:西郷輝彦様(歌手、俳優)

f:id:Nobuhiko_Shima:20170914135215j:plain

スタッフからのお知らせです。17日(日)18時からの「ザ・インタビュー」に嶌がインタビューアーとして出演いたします。ゲストは歌手・俳優の西郷輝彦様です。本番組にて2016年06月19日放送の橋幸夫様、2017年04月15日放送の舟木一夫様と、嶌は「御三家」の皆様にインタビューしております。

以下、番組サイトに掲載された内容の抜粋です。

父は呉服店の営業マン、母は生家で衣料品店を切り盛りしながら2人の兄と姉、そして末っ子の西郷を育てた。豊かな自然の中で育った西郷は活発で、目立つことが大好きだった幼少時代。 兄弟の死からの影響。

 

家出した日に交わした母との今でも忘れられない会話。当時、芸能プロダクションのマネジャーをしていた相澤秀禎氏(元・サンミュージックプロダクション会長)に目をかけられ、スターとしての資質を見いだされ上京を決意。 橋幸夫氏や舟木一夫氏と共に日本歌謡界の「御三家」と称されるまでになり、ライバルとしてしのぎを削った3人。当時の関係性とさまざまなエピソードを赤裸々に語る。

 

その後、御三家ブームは終焉を迎える。レコードのセールスも低迷し、歌手から俳優に転向する決断したきっかけとなったエピソードとは?

 

1973年、26歳でテレビドラマ「どてらい男」に主演。裸一貫からのし上がっていく大阪の商人を演じ評判に。最高視聴率は35.2%を記録し、3年半にわたる大ヒットシリーズに。しかし当初、このドラマへの出演は当時所属していた事務所の大反対にあった理由。

 

その後も人気テレビ時代劇「江戸を斬る」で5年にわたり江戸町奉行遠山金四郎を演じるなど、俳優としての地位を確立。そんな西郷が師と仰ぐのが、名優・森繁久彌氏。数多くの舞台で共演し、森繁氏から学んだこと。

 

また、2度の結婚を経験。最初の相手は、当時人気絶頂だった歌手・辺見マリ様。スター同士の結婚への、当時の周りの反響や9年間の結婚生活に終止符を打った理由。

 

現在、新たな家庭を築き上げた心境も交えて、あまり語られないプライベートについても明かす。 同時代を生きてきた嶌が、奇しくもこの番組で、橋幸夫氏と舟木一夫氏のインタビューを担当してきた嶌は、今回のインタビューで御三家全員と対談することに。ジャーナリストならではの視点で、その知られざる半生に斬り込んでいます。

番組公式FacebookにPR動画が公開されましたので、合わせてご紹介いたします。