時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

【ブログ特典あり】ウズベク舞台の小説「あとは野となれ大和撫子」新鋭作家・宮内氏をゲストにお迎え 1月20日 新年会で対談

宮内悠介氏が2018年1月20日開催の日本ウズベキスタン協会新年会のゲストに登場

宮内悠介氏が2018年1月20日開催の日本ウズベキスタン協会新年会のゲストに登場

あけましておめでとうございます。

いよいよ新年会まであと僅か。今年はゲストに砂漠化したアラル海に新国家を建設する冒険エンタメ小説の作者、宮内悠介氏(38)をお迎えして奇想天外な展開と主人公ナツキの話などをお聞きします。ウズベクを舞台にした日本人作家の小説はどうして、どのように出来上がったのか。NY在住、インド、アフガニスタンなどを放浪した宮内氏に中央アジアウズベキスタンの魅力と今後の構想などについても大いに語ってもらいます。「あとは野となれ大和撫子」(角川書店)は前回の直木賞候補となり、「ディレイ・エフェクト」が今回1月16日に発表される芥川賞に候補作になっています。また、「カブールの園」は2016年に芥川賞候補、昨年の三島由紀夫賞を受賞しています。サイン会も予定しています。日本人がウズベクを舞台とした冒険エンタメ小説を出版する時代になったことも感慨深いものがあります。

f:id:Nobuhiko_Shima:20171227171635j:plain

 また、対談終了後は正月にふさわしいグリスタンのウズベクダンスと在日中央アジアの学生や協会員らとの立食パーティも行います。駐日ウズベキスタン大使館からのプロフ、サムサなどの差し入れも期待されます。

f:id:Nobuhiko_Shima:20171227172205j:plain

画像:グリスタンの皆さんと大使館よりご提供いただいたウズベク料理、プロフやサムサ

 どうか、友人・知人を大勢お誘いの上、ご参加下さい。本ブログをご覧になられた方は会員料金にてご参加いただけます。

[日 時]2018年1月20日(土)14:00~16:00

[会 場]日本プレスセンタービル 10 階(千代田区内幸町 2 ― 2 ― 1)

[交 通]東京メトロ 千代田線・日比谷線 霞ヶ関駅 C4

     東京メトロ 丸ノ内線 霞ヶ関駅 B2

     都営三田線 内幸町駅 A7
     ※駐車場はありません。

[会 費]一般5,000円、会員及び同伴者3,000円、学生2,000円、留学生・外国人の方1,000円     
※1 会員の方は,事前に送付します会報同封の郵便振替用紙にて入金下さい
※2 一般の方は会員と同伴の場合に限り,会員価格です
※3 会員以外の方は,当日受付にて現金にて会費をお支払い下さい
※4 中学生以下の方は無料です
※5 立食パーティー

[申込先]NPO日本ウズベキスタン協会まで

     電話(03-3593-1400)、ファックス(03-3593-1406)、

     メール(jp-uzbeku@nifty.com)(注)満席になり次第受付終了

【ブログ特典】
 申込みの際、「嶌のブログを見た」と付け加えて頂ければ会員価格でご参加いただけます。