時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

締め付け厳しい習政権 ―政治から経済、文化、報道、海洋進出などまで

f:id:Nobuhiko_Shima:20190208184920j:plain

 習近平政権の国内締め付けが、このところ急速に強まっている。米中貿易摩擦の激化で中国経済の成長が落ち込んできていることもあるが、習近平氏が「新時代中国の特色ある社会主義思想」を打ち出してから、習近平氏の語る方針の一つ一つが党の指導内容を決定するようになったためだ。指導内容に従わない党員は、昨年10月の規則で処分されることになったので規制が一段と厳しくなったという

続きは、本日配信のメールマガジンまぐまぐ」”虫の目、鳥の目、歴史の目”にてご覧ください。(初月無料)

続きに掲載されている本記事の見出し
■世界経済のわしづかみ目指す一帯一路構想
■先端技術でアメリカと覇権争う
■部品や中間財ではまだ出遅れ?