時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

昨日 TBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』 ゲスト:大林宣彦様(映画監督)三夜目 音源掲載

f:id:Nobuhiko_Shima:20180524141826j:plain

スタッフからのお知らせです。

昨日のTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』(21:30~)は前回、前々回に引き続きゲストに映画作家大林宣彦様をお迎えする三夜目の音源が番組サイトに掲載されました。期間限定で来週水曜正午までの公開です。

映画を作っているのではなく、映画で敗戦と復興のフィロソフィー(哲学)を伝えていると仰る大林様に、まだまだ衰えていない映画への意欲などをお伺いいたしました。
長岡の花火に込められた意味、手塚眞様をはじめとする大林チルドレンへの期待、高畑勲様と語られた戦争を語り継ぐエピソードなども交えお話いただきました。

長岡の花火の動画をツイッターに掲載されている方がいらっしゃいましたので合わせて掲載いたします。

前回は、戦前は純粋な軍国少年で、戦後は「敗戦少年」「平和孤児」となったと仰る大林様が、フィルムアーティストとして生きていく決意をした意味についてお伺いいたしました。音源は、番組サイトにて今週水曜正午まで期間限定配信中です。

前々回は幼少期、実家の蔵の中で見つけた映写機を蒸気機関車に見立てて遊んだことがきっかけで3歳で映画を作った頃のエピソードなどをお伺いしました。番組の最後に激動の昭和を振り返り、戦争やその時代に対する思いを語ってくださいました。その中で、親交のあった立川談志様が生前話されていた戦争時代を振り返られた思いもお話いただいております。

また、昨年12月に公開された大林様の「花筐/HANAGATAMI」が宝塚シネ・ピピアにて8月11日から1週間上映されるようですので合わせて、お知らせいたします。

大林様は尾道出身ですが、戦争と広島の原爆をテーマとした新作映画「海辺の映画館-キネマの玉手箱」が2日から約20年ぶりに古里での撮影を開始されました。

公式Facebookではエキストラの募集をされているようです。

※ 7/15...

海辺の映画館 - キネマの玉手箱(仮題) エキストラ募集情報さんの投稿 2018年6月20日水曜日

次回(8月5日)はソプラノ歌手の田中彩子様をお迎えいたします。