時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

昨日 TBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』 ゲスト:TBS「クレイジージャーニー 」でおなじみの遠藤秀紀様(東京大学総合研究博物館教授)二夜目 音源掲載

f:id:Nobuhiko_Shima:20180426134509j:plain

スタッフからのお知らせです。

昨日のTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』(21:30~)は、ゲストにTBS「クレイジージャーニー 」やウルトラマンや特撮好きとしてもよく知られている、東京大学総合研究博物館教授の遠藤秀紀様をお招きした二夜目をお届けいたしました。音源が番組サイトに期間限定で掲載され、来週水曜正午までお聞きいただけます。

遺体との格闘であり遺体の中に手を入れて触ってみないと分からない発見や、死体を見る解剖学は、過度の経済合理性優先の圧力で、研究対象となる資料や標本の維持がきわめて難しくなっていると云う現状についてお伺いいたしました。

今回、ジャイアントパンダの第7の指を発見されたエピソードも交えてお話いただいております。また、自分で面白いと思ったら執着し、諦めずに粘り強くくいついていくという言葉が非常に印象的でした。

前回の死んだ動物を解剖し進化の歴史を研究しながら、将来の研究に役立てるため標本に残す「遺体科学」についてや、自分の手で動物の秘密を解き明かすことになった原体験についてお伺いした放送音源は、今週水曜正午まで期間限定で配信中です。

上記画像でアシスタントの安田様が持たれている骨は、遠藤様がお持ち下さったキリンの前足の手首から先、指の付け根までの間の骨です。前回放送の冒頭部分でご説明頂きました。

遠藤様がお勤めの東京大学総合研究博物館ではさまざまな展覧会が行なわれており、無料でご覧いただけます。詳細は以下リンクを参照ください。

東京大学総合研究博物館 The University Museum, The University of Tokyo

合わせて、遠藤様が上梓された書籍の一部をご紹介します。
 

次週は作曲家の浜圭介様をお迎えする予定です。