時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

シンポジウム「アメリカ大統領選後の世界―米欧、中国、イスラム、日本―」開催

f:id:Nobuhiko_Shima:20160929144015j:plain

 世界は大動乱の時代です。中東、米欧、イスラム、アジア、そして日本。毎日テロ、内戦、足音高まる不況、気候異変と不気味な日々です。まるでカタストロフィ(大崩壊)の前夜のようで、その引き金は戦争か恐慌か、大災害を予感させます。恒例の日本ウズベキスタン協会のシンポジウムは大統領選直後の11月14日(月)18時30分~20時30分に日比谷図書文化館大ホール(日比谷公園日比谷図書館地下)にて行ないます。

 日本は2020年にオリンピックを控え、何となく楽観論が支配的ですが、世界の識者の多くは「これからの10年」は何が起こるかわからないと気を引き締めています。

 そこで今回は、米欧の第一人者田中均氏(日本総合研究所 国際戦略研究所 理事長・元外務省)をはじめ、イスラムに詳しい高橋和夫氏(国際政治学者、放送大学教授)、中国が専門の富坂聡氏(拓殖大学海外事情研究所 教授、ジャーナリスト)、テレビでお馴染みの日本政治、国際情勢に一家言を持つ岸井成格氏(元毎日新聞 主筆)の四人の専門家をゲストに世界の情勢と今後の米、中、露、英離脱表明後のEU、イスラムの情勢を分析してもらいつつ、日本の行方についてもじっくり話し合いたいと考えています。

 丁々発止の議論の中からこれからの10年の世界を考えるよすがにしていただければと思っています。200人で満員となり、毎年ご迷惑をおかけしていますが、お早めにお申し込み下さい。司会は日本ウズベキスタン協会会長の嶌信彦(ジャーナリスト)が務めます。多くの方のお越しをお待ちしております。   

日  時

11月14日(月) 午後6時30分(開場6時)~20時30分

場  所

日比谷図書文化館大ホール(日比谷公園日比谷図書館地下)

参 加 費

一般1,500円 当協会会員1,000円(当日払い)

(会員と同伴の方は会員価格1,000円)

主  催

NPO日本ウズベキスタン協会

パネリスト
(敬称略)

岸井成格(元毎日新聞 主筆)<日本・世界>
高橋和夫(国際政治学者、放送大学教授)<イスラム>

田中均日本総合研究所 国際戦略研究所 理事長・元外務省)
<米欧、アジア>
富坂 聡(拓殖大学海外事情研究所 教授、ジャーナリスト)<中国>

司  会

嶌信彦(当協会会長、ジャーナリスト)

申込方法

 先着200名 「シンポジウム申込み」として「氏名」「連絡先電話番号」「一般(又は会員)」を記し、メール(jp-uzbeku@nifty.com)又は電話(03-3593-1400)、FAX(03-3593-1406)にてNPO日本ウズベキスタン協会事務局までお申し込みください。

申込締切

定員になり次第締切

f:id:Nobuhiko_Shima:20160929152719j:plain