時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

昨日 TBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』ゲスト:中江有里氏(女優・作家)二夜目 音源掲載

f:id:Nobuhiko_Shima:20181122134149j:plain

昨日のTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』(21:30~)はゲストに女優で作家の中江有里氏をお迎えした二夜目をお届けした音源が番組サイトに掲載されました。来週水曜正午までの期間限定でお聞きいただけます。

書評家として知られるようになった中江氏が本が持つ力を改めて感じた瞬間についてや、35歳で学生になった理由、その学生生活などについてお伺いしました。

今回の放送では、年間300冊ほどの本を読まれ、書評家としても活躍される中江氏が読まれないまま絶版になる本もあり、文芸作品で広く知られていないような本を応援したいという気持ちから選書し書評を書かれているという話から、以前ゲストにお越しいただいた大沢在昌氏の話などにも発展しています。

前回の子どもの頃に両親が離婚、母子家庭で育った思春期についてや、脚本家になりたくて上京、親元を離れ一人暮らしを始めた頃のエピソードなどにつきお伺いした放送音源は番組サイトにて今週水曜正午までの期間限定でお聞きいただけます。

読書家としても知られている中江氏は、さまざまな本を上梓され1月には「残りものには、過去がある」(新潮社)が発売となりました。一部をご紹介いたします。


次回は、落語家の柳亭こみち氏をお迎えする予定です。