読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

22日のTBSラジオ「日本全国8時です」の内容~悲しい末路をたどる歴代の韓国大統領~

スタッフです。
22日の「森本毅郎・スタンバイ」の「日本全国8時です」の放送内容をお届けします。

f:id:Nobuhiko_Shima:20161202140046j:plain

テーマ:繰り返される韓国の大統領スキャンダル。小学生からも不満が出る背景とは。

このところ連日韓国の大統領のスキャンダルが報じられている。本日は、韓国の大統領のスキャンダルが繰り返されているという話をしたい。

【前代未聞の大統領が容疑者に】
朴槿恵(パク・クネ)氏はいわば容疑者になった。友人の崔順実(チェ・スンシル) 氏が逮捕され、先日起訴され、その起訴状の中で朴大統領は共犯であり、容疑者と記載された。そのため、態度を硬化させ検察の聴取には協力せず、特別捜査に委ねると表明。

検察としては聴取もしないという急展開で、高まる世論におされ、強気の姿勢でいくしかなくなった。今やデモ参加者は26万人にもおよび、支持率は5%を切り、若者の支持率は0%といわれる。

【歴代の韓国大統領の大半が悲しい末路に・・・】
世論がすさまじい勢いになっており、これまでの韓国大統領がスキャンダルを起こした場合、世論におされ同じことが繰り返され、いっこうに直らない。そこで、本日はいったい過去の大統領がどんなスキャンダルで追い落とされてきたのかを振り返ってみたい。

これまで韓国では現朴大統領を含め11人の大統領がいる。そして、その半数以上が尋常でない辞め方をしている。いくつか紹介したい。

全斗煥(チョン・ドファン)
 「ゼントカン」とも呼ばれ、1980年の光州事件への関与、収賄、不正蓄財による死刑判決を受けたが、その後恩赦により懲役刑に。

盧泰愚(ノ・テウ)
 粛清クーデターや不正蓄財により懲役17年。後に恩赦により懲役刑に。 

・金泳三(キム・ヨンサム)
 在職中の97年に次男があっせん収賄と脱税で逮捕され、実刑に。

金大中(キム・デジュン)
 非常に有名な方だが、在職中の2002年に二男と三男が収賄で逮捕され、有罪後実刑が確定。退任後の2003年に長男も収賄で在宅起訴。

盧武鉉(ノ・ムヒョン)
 退任後に親族や側近が不正疑惑で相次いで逮捕され、自身も捜査対象になった最中に謎の自殺を図る。

李明博(イ・ミョンバク)
 前全国会議員の実の兄が収賄で逮捕、起訴されている。

このほかにも、
・李承晩(イ・スンマン)
 「イショウバン」と呼ばれていた方だが、不正選挙でアメリカに亡命。

・朴正煕(パク・チョンヒ)
 現在の朴大統領の父は、側近に暗殺。

こうやってみてくると11人中半数以上が悲しい末路で、異常だ。名前が挙がった人たちの罪状を見ると、ほぼ収賄、不正蓄財。これらは韓国の歴史的な争いや社会の文化ということが背景にあるともいわれている。

【血で血を洗う地域での争い】
韓国には有名な「朋党(ほうとう)の争い」という、党派同士の暗殺や虐殺の歴史が根強くあり、伝統的に頂点に立つということを目指して血で血を洗う争いを行なってきた。新羅(しらぎ)・高麗の時代から続き、韓国ドラマなどにもよくえがかれている。

現在は韓国南西部の全羅道、東南部の慶尚道、ソウルを中心とした京畿道といった地域の争いとなっている。大統領になるとその出身地域でインフラ整備が活発に行われたり、官公庁の人事でその地域の人を優遇する。それがまた腐敗を生んでいくようになっている。そして、それを野党側から攻められるということが続いている。

【絶対的権限を握る韓国大統領】
もう一つ韓国の大統領の権限が非常に大きい。これは制度の問題といっていいと思うが、大統領は首相と閣僚からなる政府を大統領自身が組織できる権限をもっている。さらに、国会への予算提出権、法案の拒否権、最高裁裁判長の任命権、軍の統括権、条約の締結・批准権、宣戦布告権限、憲法改正提案権を持っている。要するに国の絶対的権限を大統領一人が担っているのだ。

それだけに、大統領の側近や親族に近寄ってくる人が多くなる。そして、スキャンダルに発展している。さらに、周辺の関係者たちも大統領から恩恵をもらおうと大統領に近づき、収賄に発展するという歴史を繰り返されているというのがこの問題の根本となっている。

【生まれた瞬間に人生が決まる韓国社会】
さらに、今回のデモに圧倒的に多く若者たちが参加しているが、この背景には格差の問題がある。昔からこの格差はあるといわれていたが、最近特に激しくなってきた。韓国社会は国民全体の資産の5割が上位10%に集中していることから、「アジア最大の格差」ともいわれる。貧困層の究極的な不満は、ごくわずかな「富裕層」を常に敵視していることからデモが起こっているのが実態。デモを見ていると本当に「敵意をあらわ」にしている。

このことは、生まれた瞬間から決まるともいわれる。韓国は学力社会のため、教育におカネが必要。教育にかけるおカネがないといい大学に入学できないことや、会社に入ってからコネがないと出世できないことが多い。この格差を若者の間では「スプーン階級論」と呼んでいる。英語では「裕福な家庭に生まれる」ことを 「金持ちの親は子供に銀のスプーンで食べさせて育てる」と表現されるが、このことを受け「金のさじ」「銀のさじ」「土(つち)のさじ」と、 韓国の貧富の差を「スプーン」の素材で表している。

「金のさじ」は、親の資産が20億ウォン(日本円で2億円)以上の家庭。1億円以上は「銀のさじ」。本当はその下に「銅のさじ」「鉄のさじ」「木のさじ」があるが、若者たちの間ではそこをとばして「土のさじ」と呼んでいる 。「土のさじ」は生活保護で暮らす家庭のことを示す。土のさじと呼んでいる層の人々はなかなか這い上がれない格差社会となっている。

若者の失業率の上昇は韓国でも深刻で、韓国統計庁の調査によると今年10月時点での15~29歳の青年失業率は、 統計を取り始めた1999以降過去最悪の12.5%を記録している。朴大統領の支持率が若者の間で低いのはこういった理由の表れでもあり、非常に困難な状況だ。

【若者のエネルギーをどう改憲に向けるのか!?】
クーデターが何度も起こるので、その歴史を繰り返さないよう大統領に権限を集中されてきた。この大統領の権限を分散したり、再選を可能にするには憲法改正が必要で、腐敗の温床である権力の集中の減少に取り組むなどさまざまなことがいわれてきたが、政権の後半になると求心力が衰えてしまうということが繰り返されてきた。

朴大統領は残りの任期が1年半ほどあるが、完全に求心力を失っている。近年、改憲を主張する候補も多いが、結局就任すると看板政策から手を付け、この問題が後回しになり改憲論が立ち消えになり、最終的に死に体で終わってしまう。

今回の事件により、朴大統領が主張していた改憲論は立ち消えになってしまった。こういう歴史が繰り返されているが、朴大統領の抵抗がどこまで続くかがこれからの焦点。若者のエネルギーをどうやって改憲に変えていくのかということも、おそらくこれからのポイントになるだろう。


※上記内容は放送日時点の内容です。なお、11月29日午後に朴大統領は会見し、「政権移譲の方策を与野党が作ってくれるなら、それに従って大統領職から退く」として、任期途中での退任の意向を表明しております。

※画像:Wikimedia Commons 朴槿恵大韓民国大統領の退陣を求めるデモ(2016年10月29日)

【ウズベキスタンニュース】ジャリル・スルタノフ様(日本人抑留者資料館館長)の叙勲式がウズベキスタンの日本大使館で行われました

お知らせ ウズベキスタン

スタッフです。11月3日に政府発表の秋の叙勲にて受章されたウズベキスタン タシケント市の日本人抑留者資料館館長ジャリル・スルタノフ様の叙勲式が11月30日にタシケント日本大使館で行われました。

f:id:Nobuhiko_Shima:20161202155800j:plain
左よりスルタノフ様の奥様、スルタノフ様、駐ウズベキスタン日本国特命全権大使 伊藤伸彰様。

 

ジャリル・スルタノフ様は1998年5月に日本人抑留者の素晴らしい仕事ぶりに感銘を受け、私費でウズベキスタンタシケント市に日本人抑留者に関連した資料や品物を展示する資料館を建て、多くの方が訪れています。

昨年10月末に安倍総理ウズベキスタンを訪問した際、日本に招待する旨を伝えられ今年1月に奥様とお孫さんと来日され、嶌が会長を務めるNPO法人日本ウズベキスタン協会の新年会やスルタノフ様が制作された記録映画「ひいらぎ」の上映イベント、舞鶴訪問などされました。

今回、ウズベキスタンにおける日本人抑留者の歴史保存及び対日理解の促進に寄与されたことが評価され、旭日双光章を受章されこの日を迎えられました。

f:id:Nobuhiko_Shima:20161202160208j:plain

嶌が今年5月と8月にウズベキスタンを訪問した際もいろいろとお話し、日本とウズベキスタンの懸け橋としてますます頑張りたいとおっしゃられておりました。本当におめでとうございます。

f:id:Nobuhiko_Shima:20161202160559j:plain

スルタノフ様が制作された記録映画「ひいらぎ」を来年上映する計画が現在進行しております。また詳細が決まりましたらご案内いたしますのでご期待ください。

4日のTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』 坂茂様(プリツカー賞受賞・建築家)をゲストにお迎え

お知らせ 嶌信彦 人生百景「志の人たち」

スタッフです。次回4日のTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』(21:30-22:00)は、ゲストに世界的な建築家であり、建築界のノーベル賞と称される「プリツカ―賞」を2014年に受賞された坂茂様をゲストにお迎えする予定です。

f:id:Nobuhiko_Shima:20161201110246j:plain
Wikimedia commons

坂様は紙、木、布、輸送用コンテナなど、弱いと云われる素材を災害現場の仮設住宅に活用されたり、ダイナミックな美術館の空間を形作られております。本来、主役にならないような材料に目を向け、制約があるからこそ広がる独自のスタイルにこだわる理由をお伺いいたします。  

坂様はご自分のゼミの生徒や現地の大学生とともに震災にあわれた方々が使用される避難所にPPS(Paper Partition System / 紙の間仕切り)を設置される活動を積極的に取り組まれています。先月、イタリアのカメリーノの被災地でもこのPPSを設置されました。以下がイタリアの避難所に設置された様子です。

 坂茂建築設計様のサイトには様々な取り組みが掲載されておりますので合わせて参照ください。 

15日のTBSラジオ「日本全国8時です」の内容~今後アメリカ・世界の秩序は保てるのか!?~

森本毅郎・スタンバイ 日本全国8時です

スタッフです。
15日の「森本毅郎・スタンバイ」の「日本全国8時です」の放送内容をお届けします。

テーマ:トランプ新大統領で、アメリカは世界の外交の軸になるのか?

Donald TrumpDonald Trump / Gage Skidmore


【世界中がトランプ氏の話題でもちきり】
もういまや世界中がトランプ氏の話題でもちきりだ。実は昨日(14日)パネルディスカッション(日本ウズベキスタン協会主催「アメリカ大統領選後の世界―米欧、中国、イスラム、日本―」)を行ないアメリカ、中国、イスラム、日本の専門家に登壇いただいたのだが、「皆、まさかと思った」と衝撃を受けていた。

衝撃を受けたのは日本だけではなく世界中がそうだった。「トランプWho? トランプ氏はいったいどういう人物なのか?」と各国首脳がトランプ氏を探っているという状況。安倍首相は17日にトランプ氏に会う予定で、メキシコのペニャニエト大統領も早期会談で合意。オーストラリアのターンブル首相は電話会談でTPPを批准した理由を滔々と説き、考え直してほしいと懇願。中でも面白いのは、フィリピンのドゥテルテ大統領はこれまで激しいことを言っていたが「トランプ氏のいるアメリカとはけんかはしたくない」と言った。さらに中国の習近平国家主席も電話会談をするなど、各国あわただしい対応をみせている。

そこで本日は、トランプ氏の注目すべき点についてお話ししたい。

【急がれる人事】
まず、トランプ氏は不動産ビジネスで成功した人で、政治や軍隊の経験は皆無。そういう人がいったいどういうかじ取りをしていくのかということを皆注目している。当面の注目は「人事」。政権移行チームを立ち上げ、1月20日の就任式までに現政権から人事を引き継いでいく。およそ4000~5000人もの人が変わるといわれ、うち700~800人は議会の承認が必要である。過去の大統領の人事を振り返っても就任までに8割程度しか任命を終えられてないというのが実態である。政権移行期間中は、現政権が強い指導力を発揮しにくく、行政機構が「最も脆弱な期間」とされている。この間にイスラム過激派などによるテロ攻撃がされる可能性もないわけではないので、ゆっくり人事を決めている暇はない。

【首席人事の重点がポイントに・・・】
新政権の人事の名前が徐々に明らかになってきており、マイク・ペンス次期副大統領(下院議員6期経験後、インディアナ州知事)、首席補佐官には共和党の穏健派でさまざまな人脈をもつラインス・プリーバス氏(共和党全国委員会委員長)。首席補佐官とはいってみれば日本の官房長官のような役割。今回はこの首席補佐官のほかに新たに首席戦略官を設け、右派の参謀役スティーブ・バノン氏(保守系オンラインメディア「ブライトバート・ニュース・ネットワーク」の会長)が就任。まったく正反対の二人が横並びになり、いったいどう調整していくのかが今後のポイント。なぜこの二人を並べたのか、いまひとつわからないところがある。

プリーバス氏に重点を置くとこれまでの支持者が不満を持ち、バノン氏に重点をおいても「いったいどこにいくのか」という不安も生じる。そういう意味でもこの二人のかじ取りに注目が集まっている。

【過去をひも解いても非常に重要な役職】
首席補佐官という職は、過去の例をみてもかなり重要なポスト。常に大統領と顔を突き合わせ、一番の理解者である。例えばニクソン共和党政権時のアレクサンダー・ヘイグ氏(退任後は国務長官に就任)、フォード政権時はドナルド・ラムズフェルド氏。レーガン政権時はジェイムズ・ベーカー氏(ブッシュ政権時代は国務長官に就任)とドナルド・リーガン氏。リーガン氏は当初財務長官で1985年のプラザ合意の際、強いドルを変え、当時240~250円だったドルを、200円台まで円安にどんどん変えていった。この二人はアメリカのドル政策を変えた人たちである。

これらの意味からも首席補佐官の意味は大きい。また、レーガン政権時に首席補佐官を務めたハワード・ベーカー氏は後に駐日大使を務め、日本とアメリカの橋渡しをした人物でもある。それゆえ、首席補佐官が誰になるのかというのは非常に重要だ。オバマ政権下ではジェイコブ・ルー氏が首席補佐官を務めた後、財務長官に就任している。

こうやって見てくるとプリーバス氏が中心になってくるのかどうか。また、バノン氏の立場も気になる。いったいどちらが主導権をとりトランプ政権を支えていくのかというのがこれからの大きな問題で、そのことによってアメリカの方向も変わってくるだろう。これはアメリカの外交にも影響するとみられる。

【これまでのアメリカの価値観はどうなる?】
アメリカの外交の特色は、自由主義、環境、多国籍、移民を認めるということである。しかしながらトランプ氏は、保護主義イスラムへの嫌悪、移民反対といったような発言をしており、これまでのアメリカの価値感の大半を否定しているようにみえる。そういう意味からも、首席補佐官、首席戦略官のどちらの意見をとっていくのかということは非常に重要である。

また、トランプ氏は中国との問題において「中国からの輸入品に45%の関税をかける」「TPPに反対」「同盟国におカネを出させる」と発言。メキシコに対しては「メキシコの負担で壁を作る。」と発言。途中から壁をフェンスという表現に変えた・・・

さらにNAFTA北米自由貿易協定)の見直しやWTO(世界貿易機関)からの脱退も示唆している。これまでのアメリカの自由貿易を徹底的に否定し、保護主義に変わろうというしており、アメリカが本当に内向きな政策になっていくのかどうかという点に各国が注目している。

【本音が見えぬトランプ氏】
トランプ氏がこれまで発言したことを本当に実行し始めると世界秩序が乱れ、本当に大変なことになる。いったいどこまで実行するのか、今はまだ不明である。そうすることによって、20世紀型の資本主義が壊れ、どの方向にトランプ氏が引っ張っていくのか、さまざまな問題が出てくるように思う。

選挙の時の発言をすべて実行するというのは、過去の例をみてもあまりない。オバマ大統領もそうだったように、少しづつ変えていって現実的になるだろう。そういう意味からか、最近トランプ氏は多少現実的なことも言い出している。本質がいったいどちらにあるのかは、まだよく見えない。日米関係においても「現在の自動車関税2.5%を、牛肉と同様の38%にする」などと発言している。これが現実になると日本は本当に大変な状況に陥り、どちらが本音かということがまだはっきりわからない。

【今後の行方に注目】
安倍首相は17日にトランプ氏と会談を行なうが、日本の主張をきちんと伝え、「アメリカは世界を主導してきた国であるから秩序を守ってほしい」ということをアドバイスすることも大事である。

TPPに関しては気持ちを変えられるかということが不安視されるが、元々はアメリカが言い出したことである。安倍首相はアメリカのいうことを聞くばかりではなく、アドバイザーになるという気概をもってぶつかっていってほしい。先進国の会談としては一番最初に行われるので、いいポジションをとったという感じはする。はたしてどういう内容になるのか注目したい。

※なお、本放送時点の内容であるため、現時点の情報と若干の相違があります。

※なお、本放送時点の内容であるため、現時点の情報と若干の相違があります。

昨日のTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』 ゲスト:高本陽一様(テムザック社長)音源掲載 2夜目

お知らせ 嶌信彦 人生百景「志の人たち」

f:id:Nobuhiko_Shima:20160927144131j:plain

スタッフです。昨日のTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』(21:30-22:00)は、福岡県宗像市のロボット開発会社テムザック社長の高本陽一様をお迎えした音源が番組サイトに掲載されました。

国内外約50の大学や研究室、さまざまな企業との連携によって技術を集約し、実用ロボットを生み出してきたテムザック。「ロボットは人間のまねをするのではなく、人間ができないことをする機械」と話す高本さんの思いなどについてお伺いいたしました。

前回放送の世界各国から開発依頼や受注が舞い込む理由や、これまで開発してきた車いすロボットや、災害救助ロボット、留守番ロボットなどを、開発・商品化するまでの苦労やエピソードなどにつきお伺いした放送は水曜お昼頃までお聞きいただけますのでお聴き逃しの方は合わせてご利用ください。 

次週は、建築家の坂茂様をお迎えする予定です。

27日 中央FM「Wonder Jabber」に出演

お知らせ ウズベキスタンに隠された日本人捕虜抑留秘話 ウズベキスタン

f:id:Nobuhiko_Shima:20161125145205j:plain

スタッフです。27日(日)21時から放送の中央FM「Wonder Jabber」に嶌が出演いたします。昨年上梓したウズベキスタン・ナボイ劇場建設秘話を記した「日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた」(角川書店)に関するお話しをしております。

今回2週連続の出演となり、27日(日)に続き、30日(水)13時~13時30分(再放送は4日21時)に2週目が放送される予定です。

「Wonder Jabber」は、”ヒト””オト””モノ””コト”にフォーカスした、今の東京を伝えている、百聞さん(東京画廊 山本豊津さん)とJUMIさんがナビゲーターを務めるラジオ番組です。

以下は番組公式Facebookに掲載された情報です。

f:id:Nobuhiko_Shima:20161125152406j:plain


中央FMは、東京都中央区及び千代田区・港区・台東区・文京区・新宿区・江東区墨田区江戸川区の一部でFM84.0にてお聞きいただけます。

【パソコン等の場合】
インターネットラジオでは全国及び海外での聴取が可能です。ネットに繋がっているパソコンで中央FMのHPから「パソコンでラジオを聴く」をクリック、「中央エフエム」を選んでいただくとDLが始まり、聞くことができます。。

スマートフォンタブレットの場合】

アプリ『 Tunein Radio 』をダウンロード(無料)し、ローカル局(中央FM)を検索し、選択。リアルタイムで聴取が可能です。 
Android 版:https://play.google.com/store/apps/details?id=tunein.player&hl=ja
iOS 版:https://itunes.apple.com/jp/app/tunein-radio/id418987775?mt=8 

経済指標に踊らぬ生活

コラム(財界)

f:id:Nobuhiko_Shima:20161125122032j:plain

 日本人はケチなのか、心配性が強すぎるのか、それとも政府の発表する数字や日経新聞の論調に乗りたくないのか。

 10月28日付の日経新聞夕刊の一面トップに、9月の経済指標として「求人倍率25年ぶりに高水準」「失業率3.0%に低下」「消費者物価0.5%下落」などと大きく見出しでうたっておりながら「消費波及乏しく」と嘆いている。雇用情勢は25年ぶりに改善され、物価も下落し、失業率も3.0%と前月よりさらに改善しているのに国民の消費意欲は依然冷えたままなのだ。二人以上の一世帯あたりの実質消費支出は26万7119円で前年同月比では2.1%減と7カ月連続の減少という。

 ただ数字の中味をよくみると、雇用改善はパートタイム労働者が増えているためで、正社員は1倍に届いておらず求人の方が少ない。正社員は雇用全体の約6割で、企業側は賃金の安いパート、アルバイト、高齢者、女性などで人手不足をしのごうとしている。政府・日銀は消費者物価が目標の2%に達すれば景気がよくなると言い続けているが、賃金が上がらないのに物価が上がっては消費者はとてもモノを買う気を起こすまい。物価を2%に上げたいなら、賃金を3%以上上げるべきなのだ。かつての春闘では、「賃上げは物価上昇率プラスα」と言い、生活向上分も要求していた。

 賃金のことをタナにあげて物価2%上昇を唱え続ける経済政策はどこか変だ。物価上昇を政策目標にするのは働く者の気持ちがわかっていないからだろう。消費者物価が上がれば、企業は元気になって生産を増やし、賃金も上げるはず、というが、論理は逆だ。”景気は気から…”というようにまず給与をあげて〝気〟を作り出すことから始めるべきなのだ。最近、日銀もこれまでの政策の失敗に気がついたらしい。政策の中心をカネの量から金利に変えるようだが、これも一般人にはわかりにくい理屈で、これでは多分”気”は上昇すまい。

 本来、消費者にとって物価は低いほうが良いに決まっている。それなのにカネをばらまいて物価を上げる方針にはどこか胡散臭い匂いがし、多くの日本人はその手には乗らなかった。

 それにしても日本人は慎重だ。やはり失われた20年の苦渋が身に沁みているのか。政府はオリンピック、その後に万博景気などとはやすが”五輪後は不況”の思いが離れない。

 やはり一番は老後や天候異変などによる災害への不安が大きい。世間は自動運転、人工知能、モノに繋がるインターネット(IOT)など技術の進歩を盛んに取り上げ夢の未来をうたい上げるが、まず身近な年収が着実に上昇させることや老後の不安などをなくすことが第一だろう。

【財界 2016年12月6日号 436号】

※本原稿は10月の消費者物価指数が発表される前に掲載されております。本日10月の消費者物価指数が発表されましたが、値動きが激しい生鮮食品を除き、総合指数が前年同月比で0.4%下落。8カ月連続で前年同月比で減少しています。

画像はこどもや赤ちゃんのイラストわんパグより。