時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

中国化に染まるアジア

f:id:Nobuhiko_Shima:20180420174630j:plain

 約2週間にわたって開かれていた中国の全国人民代表大会全人代)=国会が閉幕し、習近平主席の一強支配が今後5年間は続く布石が打たれた。2期目の目標として「2020年までに小康社会(いくらかゆとりのある社会)」を実現するとともに、"中華民族の偉大な復興"を目標とする「社会主義現代化強国」を目指して中国革命100年にあたる50年までにアメリカと並ぶ世界の覇権国家を建設すると宣言した。

 習近平氏は、1997年の党大会で得票順が最下位ながら、151人の中央委員候補に選ばれる。当時、新総書記となった胡錦濤氏と中央軍事委主席だった江沢民氏が派閥争いをする中、黙々と党務に励み中央委員、政治局常務委員に抜擢される。しかし、12年の第18回大会で総書記に就任すると腹心の王岐山氏(今回の全人代で副主席に昇進)をトップにした汚職官僚の摘発に乗り出した。軍や官僚のトップを含め約21万人を逮捕し、一挙に権力基盤を固めてしまう。腐敗官僚の退治は、ライバルを倒すとともに国民の拍手喝采を得て人気を博した。

 一方、経済では公共事業に力を入れるとともに"一帯一路"政策を公表。EU3拠点と中国を結ぶ陸路の新シルクロードを北部・中部・南部に建設すると同時に東アフリカと東南アジアをつなぐ海のシルクロード構想を立て、パキスタンバングラデシュに資金援助して湾岸建設に励んでいる。この資金は自ら創設したアジアインフラ投資銀行(AIIB)のほか既存のアジア開発銀行などに出資を求めようとしている。

 さらに安保外交分野では陸軍をリストラし、海・空・宇宙・サイバーなどに力を入れ出した。南シナ海からアジア・太平洋やインド洋の海洋進出に力を注ぎ太平洋をアメリカと二分して支配する構想も打ち出した。また20年には中国版GPS(衛星測位システム)35基を独自に運用。22年には宇宙ステーションを完成させたいとしている。まさに習政権は社会、経済、外交、安保と全地球規模の壮大な構想を立て実現に向けて走り出しているのだ。

 このほか次の産業革命を引っ張るとみられるAI(人工知能)分野での科学技術予算、モバイル端末保有台数、重要論文の発表数などでもアメリカと並ぶ勢いとなっている。また、中国のインターネット人口は7億人を超え、アメリカの人口の2倍以上でビッグデータの集積も世界一といわれるほどだ。

 かつてアジア経済は日本とアメリカが中心に動いていた。しかし、今や中国がこれに並び、うかうかしていると今後のアジアは中国を中心に動く時代が近づいている。
【財界 2018年4月24日号 第469回】

日曜(22日) TBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』 ゲストに人気グルメ雑誌“dancyu”の編集長 植野広生様をお迎え

f:id:Nobuhiko_Shima:20180308134627j:plain

スタッフからのお知らせです。

日曜日(22日)のTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』(21:30~)は、ゲストに人気グルメ雑誌“dancyu”の編集長 植野広生様をお迎えいたします。

出版不況の逆風を押しのけ、発行部数を伸ばしている雑誌「dancyu」。一般読者だけでなく料理人たちからも絶大な支持を得ている理由や、創刊直後からdancyuに携わってきた食いしん坊を地で行く人生観につきお伺いする予定です。

 dancyuの最新号やムックを合わせてご紹介いたしますので、ご興味をお持ちの方は合わせてリンクを参照下さい。

昨日 TBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』 ゲスト:日本におけるショパンの第一人者の遠藤郁子様(ピアニスト)二夜目 音源掲載

f:id:Nobuhiko_Shima:20180315130051j:plain

スタッフからのお知らせです。

昨日のTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』(21:30~)は先週に引き続き、ゲストに日本におけるショパンの第一人者であるピアニストの遠藤郁子様をお迎えいたしました。音源が番組サイトに掲載され、来週水曜正午まで期間限定でお聞きいただけます。

45歳で乳がんが見つかり一時は死を覚悟する中、ライバルでもあった母が死去。輝かしい功績と離婚、借金、自死など、波乱に満ちた人生についてお伺いいたしました。 

今年の夏にポーランドを訪問される予定で、「魂に聞いてもらうショパンを届けたい」とおっしゃっていたのが印象的でした。

前回の母にピアノを習い、母を死なせるものかと必死でピアノを練習したエピソードや、ポーランドやフランスに15年間留学し、ピアノに生涯をささげてきた人生観などにつきお伺いいたしました。冷戦時代のポーランドの話や国民性、ショパンへの想いなど貴重なお話を織り交ぜて頂いた放送音源は、今週水曜正午まで番組サイトにて限定公開中です。

合わせて遠藤様が上梓された書籍やCDをご紹介いたします。

次回は、人気グルメ雑誌「dancyu」の編集長である植野広生様をお迎えする予定です。

森友問題で内閣を倒せるのか ―真相解明と内閣支持率急落がカギ―

f:id:Nobuhiko_Shima:20180413153737j:plain

 森友問題をこのままウヤムヤにしてしまうつもりなのだろうか。

 まず、第一に問われるのは、国有地の売買取引に関する決裁文書の改ざん問題で、当時財務省理財局の責任者だった佐川宣寿元理財局長(その後国税庁長官)だ・・・・

 

続きは、本日18:00頃に配信のメールマガジンまぐまぐ」”虫の目、鳥の目、歴史の目”にてご覧ください。(初月無料)


続きに掲載されている本記事の見出し
・極めて悪質な決裁文書改ざん
昭恵夫人の喚問も不問に?
・不可解は籠池氏の長期拘留
・幕引きは簡単でない
昭恵夫人の喚問も焦点に

画像:Wikimedia commons

日曜(15日) TBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』 ゲスト:日本におけるショパンの第一人者の遠藤郁子様(ピアニスト)二夜目

f:id:Nobuhiko_Shima:20180315130051j:plain

スタッフからのお知らせです。

日曜日(15日)のTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』(21:30~)は先週に引き続き、ゲストに日本におけるショパンの第一人者であるピアニストの遠藤郁子様をお迎えいたします。

45歳で乳がんが見つかり一時は死を覚悟する中、ライバルでもあった母が死去。輝かしい功績と離婚、借金、自死など、波乱に満ちた人生についてお伺いする予定です。 

前回の母にピアノを習い、母を死なせるものかと必死でピアノを練習したエピソードや、ポーランドやフランスに15年間留学し、ピアノに生涯をささげてきた人生観などにつきお伺いいたしました。冷戦時代のポーランドの話や国民性、ショパンへの想いなど貴重なお話を織り交ぜて頂いた放送音源は、来週水曜正午まで番組サイトにて限定公開中です。

合わせて遠藤様が上梓された書籍やCDをご紹介いたします。

昨日 TBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』 ゲスト:日本におけるショパンの第一人者の遠藤郁子様(ピアニスト)音源掲載

f:id:Nobuhiko_Shima:20180315130051j:plain

スタッフからのお知らせです。

昨日のTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』(21:30~)はゲストに日本におけるショパンの第一人者であるピアニストの遠藤郁子様をお迎えいたしました。音源が期間限定で来週水曜正午まで公開中です。

母にピアノを習い、母を死なせるものかと必死でピアノを練習したエピソードや、ポーランドやフランスに15年間留学し、ピアノに生涯をささげてきた人生観などにつきお伺いいたしました。冷戦時代のポーランドの話や国民性、ショパンへの想いなど貴重なお話を織り交ぜて頂いております。

次回も引き続き遠藤様をゲストにお招きし、45歳で乳がんが見つかり一時は死を覚悟する中、ライバルでもあった母が死去。輝かしい功績と離婚、借金、自死など、波乱に満ちた人生についてお伺いする予定です。 

合わせて遠藤様が上梓された書籍やCDをご紹介いたします。

日銀の新陣営は自信ありや?

f:id:Nobuhiko_Shima:20180406143638j:plain

 人事配置は、政治と政策の最大のシグナルだ。政策を大きく変えたければ、これまでのトップと違う人物をもってくることで世間に政策変更を発信することになる。従来の路線を継承するなら前と同じ考えをもつ人物を登用することになるわけだ。

 難しい局面に立たされている金融政策で、安倍首相は黒田東彦日銀総裁を再任(任期5年)し、異次元緩和路線の実務を担ってきた雨宮正佳・日銀理事と一層の緩和強化を主張する若田部昌澄・早稲田大教授を副総裁に任命した。日本は今後も金融緩和路線で進むことを内外に表明したことになる。大きな転換を嫌う伝統的な日本らしい選択だったといえる。

 黒田総裁は、2013年の就任当時、マイナス0.5%だった消費者物価の上昇率目標を2%とし、このための政策手段として超金融緩和策をとってきた。しかし物価は目標値に達せず追加緩和を実施。さらに16年には異例のマイナス金利政策まで手をつけ、その後も追加緩和、長期金利操作にまで踏み切った。この間、株価は5年間で約1万円上昇、対ドル円相場は約10円安となり、景気はGDP成長率で1%前後、完全失業率もほぼ完全雇用に近い2.8%まで下がった。ただ肝心の消費者物価上昇率はマイナスは脱したものの、1%前後で低迷したままだった。2%達成の目標時期を6回も延期したが、相変わらずのデフレマインドは払拭できなかったのだ。

 この傾向は欧米も大きくは変わらなかったが、トランプ政権が登場したアメリカなどは金利引き上げの姿勢を示し始め、今後も3回利上げを行なうと宣言している。

 アメリカの転換はEUにも影響しつつあり、日本だけが取り残される状況を生んでいる。日本のドル高・円安傾向は対米貿易黒字を積み上げる結果をもたらしており、アメリカは日本批判を強めている。また日本は低金利政策をとり、金利が下がりすぎ国債の運用利回りが悪化して金融機関の経営を圧迫する兆候も出てきた。

 今回の総裁・副総裁人事は今後5年間の日銀の政策運営の責任をもつことになる。とすれば、まずこれまでの5年間の金融政策の総括を表明して欲しいものだ。物価目標達成時期が6回も延期になった背景、原因はどこにあったのか。そもそも今の国際的な景気、金融情勢などの中にあって〝物価2%目標〟は理にかなっているのか。また金融機関などの経営に悪影響を与えていたり、財政規律のゆるみなどの状況をどのように判断しているのか。そして何より物価上昇2%の目標は今後も達成するまで維持すべきものなのか、財政政策との協調をどう進めてゆこうとしているのか──懸念にズバリ答えて欲しい。
【2018年4月10日号 468号】