時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

対立に向かう? 米中のモデル

f:id:Nobuhiko_Shima:20171121152930j:plain

今年の共産党大会が開催された人民英雄紀念碑と人民大会堂

 中国は10月18日から開いた5年に一度の共産党大会で「21年までに小康(ややゆとりのある)社会を完成させ、今世紀半ばに富強民主の強国を建設する」と宣言。さらに建国100年(2049年)に向けた国家目標として、まず第一段階の35年までに「法治国家の基本的な建設」「都市と農村の格差の顕著な縮少」などを実現させる。第二段階の2050年までに「総合国力と国際的な影響力で世界をリードする国家になる」と表明した。

 習近平主席の演説は3時間半に及び不自由な身体ながら出席していた江沢民元主席は何度かあくびをしていた。習近平主席の"一強支配"の源泉となった苛烈な腐敗追及は、今後も手を緩めることなく維持するとし、提唱する政治理念「治国理政(国家統治、政策運営)」も党規約に盛込む考えを示した。さらに党の指導力がない民族復興はあり得ないとし、共産党による政治や思想の指導力を絶えず強化する一党独裁体制を今後も維持してゆくことを強調している。欧米流の民主主義や法治のあり方とは一線を画した大国を目指すというのである。

 中国は1949年の共産国家樹立以来、毛沢東、鄧小平、江沢民胡錦濤ら4人の指導者によって経済成長と軍事強化を図りアメリカと並ぶ大国化に追いつき始めてきた。習近平主席は自分の手で何としても世界一のリーダー国となる国家の基盤作りを完成させ、自らを中興の祖となる意思をはっきりと内外に示し始めたのだ。

 しかもその方法は、あくまでも中国的社会主義と中国的大国外交で実現する野心を明確化し、党指導者の中でも別格を意味する"核心"と呼ばせるように仕向けた。もしトランプを凌ぐ権威を国際社会で認められるようになれば、毛沢東に匹敵する歴史上の人物に擬せられることになろう。

 一期目の習近平主席は江沢民胡錦濤元主席ら長老たちに遠慮していたせいか、自らの思想、政策を明解に語ることがなかった。しかし腐敗追及で有力政治家や軍幹部、地方官僚を次々と放逐し、自らの側近を重要ポストに抜擢するにつれ習近平思想が明確になり、一強支配の基盤を固めたのである。

 残る5年間で習近平の唱える"中国の夢"を実現し、大国外交で新興国の支持を取り付けられるか――グローバル世界の中で新しいモデルを作るためのアメリカとの本格的競争が始まった。

 経済では自由競争社会の中に身を投じながら、あくまでも中国的社会主義を貫く道をどのようにして実施するのか。時として自由主義社会の理念やルールと衝突しても構わないということなのだろう。その時、自らの国力と相手の出方によって対応を変えれば、本当のリーダーにはなれまい。
【財界 2017年11月14日号 第460回】

※画像:Wikimedia commons

昨日 TBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』 ゲスト:時代劇や任侠映画のシナリオライター高田宏治様 二夜目 音源掲載

f:id:Nobuhiko_Shima:20170912135738j:plain

19日嶌信彦 人生百景「志の人たち」時代劇や任侠映画のシナリオライター高田宏治様 二夜目

スタッフからのお知らせです。

昨日のTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』ゲストに極道の妻たちシリーズ、仁義なき戦いなどさまざまなヒット映画のシナリオライター高田宏治をお招きした二夜目の音源が番組サイトに掲載されました。

極道の妻たち」シリーズなどで、女優が主役を演じるようになった経緯や、シナリオライターとして女優に云わせる啖呵を考案したときのエピソードなどをお伺いいたしました。来週水曜正午までの限定公開です。 

前回の「鬼龍院花子の生涯」「極道の妻たち」シリーズなどを手がけられてきた高田様に、任侠映画と実録ヤクザ映画の違いやシナリオを書くための取材法や、夏目雅子様を起用した裏話などをお伺いした放送音源は番組サイトにて今週水曜正午まで限定公開中です。 

高田様が脚本を務められた作品と上梓された書籍を合わせてご紹介いたしますので、ご興味をお持ちの方は合わせて以下リンクを参照下さい。

次回は、直木賞など様々な賞を受賞されている作家の宮城谷昌光様をゲストにお迎えする予定です。

19日 TBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』 ゲスト:時代劇や任侠映画のシナリオライター高田宏治様 二夜目

f:id:Nobuhiko_Shima:20170912135738j:plain

19日嶌信彦 人生百景「志の人たち」時代劇や任侠映画のシナリオライター高田宏治様 

スタッフからのお知らせです。

19日のTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』ゲストに極道の妻たちシリーズ、仁義なき戦いなどさまざまなヒット映画のシナリオライター高田宏治をお招きした二夜目をお届けする予定です。

極道の妻たち」シリーズなどで、女優が主役を演じるようになった経緯や、シナリオライターとして女優に云わせる啖呵を考案したときのエピソードなどをお伺いいたします。 

前回の「鬼龍院花子の生涯」「極道の妻たち」シリーズなどを手がけられてきた高田様に、任侠映画と実録ヤクザ映画の違いやシナリオを書くための取材法や、夏目雅子様を起用した裏話などをお伺いした放送音源は番組サイトにて来週水曜正午まで限定公開中です。 

高田様が脚本を務められた作品と上梓された書籍を合わせてご紹介いたしますので、ご興味をお持ちの方は合わせて以下リンクを参照下さい。

不思議な安倍長期政権

f:id:Nobuhiko_Shima:20171113173221j:plain

 安倍政権は、よく考えてみると奇妙な政権だ。このまま順調に推移すれば10年近くも続く長期政権となり、むろん戦後政治では前代未聞だ。

 ではどこが安倍政権の“魅力”なのかと問われると頭を抱えてしまう。経済成長は“いざなぎ”を超えたというが1~2%の低成長で実質賃金も低いまま。熱い実感はない。雇用も安定しているように見えるが正規社員はむしろ減少気味だ。外交で点数を上げているとされるがアメリカとの関係は良好でも朝鮮半島、中国、ロシアとはギクシャクしており、米朝が頭越しに交渉する懸念もある。

 さらに朝日新聞世論調査(10月23日付)によると「安倍さんに今後も首相を続けて欲しい」は34%、「そう思わない」51%。国会で自民党だけが強い勢力を持つ状況は「よくない」が73%、「よい」は15%。「今後も自民党中心の政権が続くのがよい」は37%、「自民党以外の政権に変わるのがよい」は36%。調査主体が朝日なので安倍政権に厳しく出ているともいえるが、“安倍一強政治”に対して何となく飽きが出ている雰囲気が読み取れる。

 それでも安倍晋三氏を選び続けるのは党内外に安倍氏を越える魅力のある人物がおらず、真面目で無難だから・・・という消極的理由なのだろうか。かつての首相といえば三(さん、三木武夫)、角(かく、田中角栄)、大(だい、大平正芳)、福(ふく、福田赳夫)、中(ちゅう、中曽根康弘)と個性的でインテリ、バイタリティあふれる人物が党内で相争い政治に活気をもたらしていた。その後も安(あん、安倍晋太郎=安倍父)、竹(ちく、竹下登)、宮(みや、宮澤喜一)と性格も政治手法も異なる政治家が自民党内で勢力を争った。

 当時の政治は高度成長期の熱気もあったし、演説にもユーモアや味があり、時に檄(げき)を飛ばし政局が混乱することも多かった。それぞれの領袖は高度成長論者、安定成長型、田園都市構想を掲げるなど個性があり、アメリカ以外の政治家とも独特のパイプを持って接していたものだ。

 しかし今の安倍政治はモノトーンだし、他の政治家にも個性派が少ない。海外との関係でも中国、韓国、台湾、ロシア、東南アジアなどと太い絆を持っている人物は少ない。だから外交も安倍一色のモノトーンになってしまうのではなかろうか。

 高度成長期は世界第2位の経済大国。アジアを代表する国としてみられ存在感があった。またその国力をさらに奮い立たせようと大企業のみならず中堅・中小企業も海外に飛び出し日本の勢いをみせていた。

 日本が元気を無くしたのは、バブルが崩壊し企業に活気がなくなってからだ。そうなるとサラリーマンも萎縮し始め、海外勤務などを嫌がる人が増えているという。明治維新以降、気骨のある人々が海外に出て様々な情報や目新しいものを日本に持ち帰り、戦後の敗戦時代も海外から白い目でみられながら奮闘してきた。もう一度、過去の日本の歩みをじっくり振り返ることも必要だろう。

 次世代の小泉進次郎氏への期待が強い。演説は面白く、カラッとしていて話に裏表がなくズバッとタブーを恐れず語るところが人気の秘密なのだろう。フランスでは42歳、オーストリアでは31歳の首相が登場している。日本も若手がもっと勉強して恐れずに言いたいことを言う時代が早くこないと世界からどんどん置いていかれ、存在感を失おう。
【電気新聞 2017年11月8日】
画像:Wikimedia commons

水曜にテレビでおなじみのパネリストをお招きしたシンポジウムを開催 学生は無料でご招待

f:id:Nobuhiko_Shima:20171006141244j:plain

11月15日開催 日本ウズベキスタン協会主催シンポジウム

 いよいよ日本ウズベキスタン協会主催のシンポジウム「動乱のアジア どうする日本 ―米朝衝突、習近平・中国、気候変動など―」が15日(水)午後6時30分に迫ってまいりました。皆さん いかがお過ごしでしょうか。

 パネリストにはテレビでもおなじみの朝鮮半島情勢、米朝関係に詳しい重村智計氏(元早稲田大学教授。毎日新聞記者としてソウル特派員、ワシントン特派員、論説委員などを歴任)、米欧、北朝鮮の第一人者田中均氏(日本総合研究所 国際戦略研究所 理事長・元外務省)中国が専門の富坂聡氏(拓殖大学海外事情研究所 教授、ジャーナリスト)をお招きし、じっくり掘り下げた討論会にしたいと考えています。
 
 米中会談、依然挑発的な北朝鮮オーストリアとフランスの若い首相・大統領の登場、ロシアの微妙な動き。さらには地球全体に影響を及ぼす最近の気候変動など、まさに動乱のアジア、地球の状態が続いています。はたして日本は適切に対応しているのでしょうか。あるいは、今後どうすべきなのでしょうか――といったテーマを主として、アジアを中心とした現状分析と日本の将来をパネリストの皆さんに存分に語っていただきたいとも思っています。

【討論の具体的課題】
北朝鮮の今後の出方と要求、及びアメリカや中国、ロシア、東南アジアの対応
②軍事衝突の可能性はあるのか
③米中対話の評価と今後のアジア太平洋――中国とアメリカの狙いは何か
④ヨーロッパは今のアジアをどうみているか
⑤日本はどう対応すべきか。日本に出番はあるのか。日本のアメリカ依存はやむを得ないのか。
米国と北朝鮮などの水面下の動きをどう考えるか
⑥トランプ、習近平プーチンの人物論など
⑦その他   ――など

 秋の夜長に日本をとりまく情勢、日本の行方を考えるよすがにしていただければと思っています。多くの方のお越しをお待ちしております。

 今回、学生の方は人数限定で無料としますので、申込の際におたずねください。

日  時

11月15日(水) 午後6時30分(開場6時)~20時30分

場  所

日比谷図書文化館大ホール(日比谷公園日比谷図書館地下)

参 加 費

一般1,500円 当協会会員1,000円(当日払い)

(会員と同伴の方は会員価格1,000円)
学生は人数限定で無料(申込の際におたずねください)

主  催

NPO日本ウズベキスタン協会

パネリスト
(敬称略)

重村智計(元早稲田大学教授。毎日新聞記者としてソウル特派員、ワシントン特派員、論説委員などを歴任)<朝鮮半島情勢、米朝関係>

田中均日本総合研究所 国際戦略研究所 理事長・元外務省)<アメリカ、 国際情勢、北朝鮮>

富坂 聡拓殖大学海外事情研究所 教授、ジャーナリスト)<中国、アジア情勢>

司  会

総合司会 川戸 惠子(日本ウズベキスタン協会副会長、TBSシニアコメンテーター )

討論司会 嶌 信彦(日本ウズベキスタン協会会長、ジャーナリスト)

申込方法

 先着150名 「シンポジウム申込み」として「氏名」「連絡先電話番号」「一般(又は会員)」を記し、メール(jp-uzbeku@nifty.com)又は電話(03-3593-1400)、FAX(03-3593-1406)にてNPO日本ウズベキスタン協会事務局までお申し込みください。

申込締切

定員になり次第締切

昨日 TBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』 ゲスト:時代劇や任侠映画のシナリオライター高田宏治様 音源掲載

f:id:Nobuhiko_Shima:20170912135738j:plain

12日嶌信彦 人生百景「志の人たち」時代劇や任侠映画のシナリオライター高田宏治様 

スタッフからのお知らせです。

昨日のTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』ゲストに極道の妻たちシリーズ、仁義なき戦いなどさまざまなヒット映画のシナリオライター高田宏治をお招きした音源が番組サイトに掲載されました。

「鬼龍院花子の生涯」「極道の妻たち」シリーズなどを手がけられてきた高田様に、任侠映画と実録ヤクザ映画の違いやシナリオを書くための取材法や、夏目雅子様を起用した裏話などをお伺いいたしました。来週水曜正午まで音源が公開されます。

次回も引き続き高田さまをゲストにお招きし、「極道の妻たち」シリーズなどで、女優が主役を演じるようになった経緯や、シナリオライターとして女優に云わせる啖呵を考案したときのエピソードなどにつきお伺いする予定です。

高田様が脚本を務められた作品と上梓された書籍を合わせてご紹介いたしますので、ご興味をお持ちの方は合わせて以下リンクを参照下さい。

中央アジアをまわって  ―30-40年後は再び世界の中心に―

f:id:Nobuhiko_Shima:20171110144454j:plain

 中央アジアと聞いても、日本と近い、親近感があるという人は今は少ないだろう。その中央アジアタジキスタンカザフスタンに10月31日から11月7日まで約1週間ほど行ってきた。今回も国際交流基金(JF)の文化交流視察に同行したものだ。これで中央アジア5ヵ国(カザフスタントルクメニスタンウズベキスタンタジキスタンキルギス)をすべて旅行したことになった。私は約20年前にウズベキスタン協会の創設に関わったのでこれまでにウズベクは数回、カザフは2回、キルギスは1回訪れていたが、タジキスタントルクメニスタンはJFの文化交流で同行したのが始めての訪問だった。

 

続きは、本日配信のメールマガジンまぐまぐ」”虫の目、鳥の目、歴史の目”にてご覧ください。(初月無料)

 

続きに掲載されている本記事の見出し
・大公海時代までの世界交易路はシルクロード
仏教文化シルクロードから
大航海時代から大変化
国際交流基金が文化交流に力を注ぐ
・日本は最も関心の高い国
・いずれ一億人市場、資源・農産物も豊富
・課題はインフラ整備
・注目の上海協力機構と一帯一路

画像:今年カザフスタンで行なわれたアスタナ国際博覧会日本館