時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

【毎日新聞掲載】大統領戦後のアメリカを占う ― 一流論客たちが世界情勢を分析 ―

f:id:Nobuhiko_Shima:20160929144015j:plain

 アメリカ大統領選挙までいよいよあと1週間と迫った。トランプかヒラリーか――これまで3回の候補者同士の討論会が行われたがアメリカメディアの評価は「史上最悪」という酷評が目立つ。今のところヒラリー有利とされているが最終盤になってまたヒラリーのメール私的使用が問題視されており、最後まで中傷合戦が続きそうだ。

 しかもアメリカは20世紀半ばから世界に最も強い影響力をもってきた国だ。それだけに今回の内ゲバ的中傷合戦にはアメリカ国民だけでなく世界が眉をひそめている。

 一体、大統領選挙後、分断されたアメリカ社会はどうなるのか、再びアメリカは世界をリードする国になれるのか、アメリカの弱体化をみながら存在感を強めているプーチン・ロシアや習近平・中国はどんな世界戦略でのぞんでくるのか。またイスラム社会、とりわけ平穏だった中央アジアウズベキスタンのカリモフ大統領の死去によって波乱は起きないのか、そして何よりイギリスのEU離脱、難民の激増で欧州はアメリカを支えていけるのか、EUそのものの存在感などではどうなるのか。その中で日本はどう立ち回るのか。

 いまや現代は20世紀型の資本主義、自由主義市場経済が一挙に崩れつつあるかのようにも見える。オリンピック後、さらにその後10年、20年後の世界をどう予測したらよいのか。

 いよいよ11月14日(月)午後6時半から8時半まで一流の論客たちによって熱い討論と冷静な分析を繰り広げっていただけそうだ。定員は200人。残席が少なくなってきたのでどうか友人たちとお早めにお申し込みください。

 

日本ウズベキスタン協会主催シンポジウム
「アメリカ大統領選後の世界―米欧、中国、イスラム、日本―」

 米欧の第一人者田中均氏(日本総合研究所 国際戦略研究所 理事長・元外務省)をはじめ、イスラムに詳しい高橋和夫氏(国際政治学者、放送大学教授)、中国が専門の富坂聡氏(拓殖大学海外事情研究所 教授、ジャーナリスト)、テレビでお馴染みの日本政治、国際情勢に一家言を持つ岸井成格氏(元毎日新聞 主筆)の四人の専門家をゲストに世界の情勢と今後の米、中、露、英離脱表明後のEU、イスラムの情勢を分析してもらいつつ、日本の行方についてもじっくり話し合いたいと考えています。

 丁々発止の議論の中からこれからの10年の世界を考えるよすがにしていただければもと思っています。司会は日本ウズベキスタン協会会長の嶌信彦(ジャーナリスト)が務めます。多くの方のお越しをお待ちしております。

本件に関する記事が21日の毎日新聞に掲載されましたので合わせて、ご紹介します。

 シンポジウム 「米大統領選後」 日比谷で来月14日 /東京

 シンポジウム「アメリカ大統領選後の世界−−米欧、中国、イスラム、日本」(NPO法人日本ウズベキスタン協会主催)が11月14日、千代田区日比谷公園1の日比谷図書文化館大ホールで開かれる。混迷状態の続く中東情勢や英国の欧州連合(EU)離脱といった激動の時代を迎えた世界。11月8日の米大統領選の結果を踏まえ、国際情勢の行方や今後の日本の立ち位置について考える。

 パネリストは、岸井成格毎日新聞特別編集委員高橋和夫・放送大教授▽田中均日本総合研究所国際戦略研究所理事長▽富坂聡・拓殖大海外事情研究所教授。司会は日本ウズベキスタン協会の嶌信彦会長(ジャーナリスト)。(以下省略)

日  時

11月14日(月) 午後6時30分(開場6時)~20時30分

場  所

日比谷図書文化館大ホール(日比谷公園日比谷図書館地下)

参 加 費

一般1,500円 当協会会員1,000円(当日払い)

(会員と同伴の方は会員価格1,000円)

主  催

NPO日本ウズベキスタン協会

パネリスト
(敬称略)

岸井成格(元毎日新聞 主筆)<日本・世界>
高橋和夫(国際政治学者、放送大学教授)<イスラム>

田中均日本総合研究所 国際戦略研究所 理事長・元外務省)
<米欧、アジア>
富坂 聡(拓殖大学海外事情研究所 教授、ジャーナリスト)<中国>

司  会

嶌信彦(当協会会長、ジャーナリスト)

申込方法

 先着200名 「シンポジウム申込み」として「氏名」「連絡先電話番号」「一般(又は会員)」を記し、メール(jp-uzbeku@nifty.com)又は電話(03-3593-1400)、FAX(03-3593-1406)にてNPO日本ウズベキスタン協会事務局までお申し込みください。

申込締切

定員になり次第締切

f:id:Nobuhiko_Shima:20160929152719j:plain