読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

嶌テレビ出演のお知らせ~首相訪問中のウズベキスタン特集番組への出演~

スタッフです。

安倍首相がモンゴルおよび中央アジアを訪問中ということもあり、訪問期間中に報道番組にてウズベキスタン特集がいくつか予定されております。そのうち25日(日)に嶌が2つの番組に出演する予定ですのでお知らせいたします。

BS朝日「いま世界は」 (18:54~20:54)
番組サイトでの紹介文:特集 観光業にかける!ウズベキスタンの取り組み 安倍総理が訪れる、中央アジアの大国・ウズベキスタンは、豊富な天然資源をテコに経済成長が加速している。そんな中、国が力を入れているのは観光業だ。シルクロードゆかりの多くの世界遺産を擁し、治安も比較的安定していることから、安心して観光できる「イスラム文化観光の穴場」として観光関係者の間で注目が集まり始めている。

 9月30日に角川書店様より発売した「日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた」に記したナボイ劇場建設の話などにつきお話ししております。

f:id:Nobuhiko_Shima:20150911201134j:plain

f:id:Nobuhiko_Shima:20150930220839j:plain

 

BS-TBS「週刊報道LIFE」 (21:00-21:54)

番組サイトでの紹介文:日本から6000km以上離れた国・中央アジアウズベキスタン”。 実は大の親日国です。知られざる日本との関係とは。

今月22日から安倍首相が歴訪している中央アジア。 安倍首相はなぜ日本企業の代表者たちと向かったのか。

大国の中国、ロシアそして日本。 いま世界がウズベキスタンをはじめとする中央アジアに熱い視線を送っています。 安倍外交の真の狙いとは。

嶌がゲストとして出演するほか、ウズベキスタンからの留学生のインタビュー、ウズベキスタンと関わりが深い方のインタビュー、さらに嶌が1996年にTBSの「報道特集」の取材でお伺いした際の映像も流れる予定です。

 

 ウズベキスタン中央アジアの中心的な国であり、今回安倍首相はナボイ劇場と日本人墓地への訪問される予定です。中央アジアは日本ではあまり馴染みのない地域と思われるかもしれませんが、地政学的にも非常に優位な場所にあり、中国の「一帯一路」構想にも組み込まれ、世界各国が注目している地域でもあります。嶌の新著ノンフィクションの舞台である「ナボイ劇場」が1966年の大地震の中でも被害がなく建ち続けたことから91年のソ連独立時に日本を国づくりのモデルとしています。現地では日本語教育も盛んで、多くの留学生が日本に来ている親日国です。これらの2番組をご覧になるとウズベキスタンがどんな国なのかという理解をすることができると思われます。

ぜひこの機会にご覧ください。