時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

【ウズベキスタン情報】東京タワー文化フェスタティバルIII 世界の文化を、東京で―世界×日本による芸術祭 開催のお知らせ

f:id:Nobuhiko_Shima:20190204161349j:plain

スタッフからのお知らせです。

3月2日に東京タワーホールにて世界各国の文化芸術イベント「東京タワー文化フェスティバル」が開催される運びとなりましたことをご案内いたします。

世界に認知される東京タワーを拠点とし、世界と日本の文化交流、文化情報発信活動を通して、日本の文化発展を支援することを目的に実施される文化芸術イベントです。

今回、ウズベキスタンの伝統楽器と日本の伝統楽器「箏」とのコラボレーションや立正大学 安田治樹教授による「ウズベキスタンバクトリア美術」と題した講演、展示などが予定されています。

開催日時:2019年3月2日(土)11:00-19:30
場所:東京タワーホール(東京タワーフットタウン地下1階)

入場料:無料(ただし、音楽部門の座席は2500円と有料になります。立見は無料)
主催:文化発信促進委員会(CSPC)
共催:NPO法人お台場国際文化交流会ELD
助成:公益財団法人東芝国際交流財団
協力:東京インターナショナルスクール、立正大学ウズベキスタン共和国大使館、Uzubekisutan State Conserbatory、ウクライナ大使館、スイス大使館、ルーマニア大使館、在港区各大使館 他
後援:独立行政法人国際交流基金、東京都港区教育委員会一般財団法人港区国際交流協会、港区観光協会ジェイコム港新宿局、邦楽ジャーナル、マザーアース Tremolo他

詳細は以下サイトを参照下さい。

主な内容

11:00-12:45 第1部 国際交流 第1部 (全席無料)
■留学生と港区の子ども達による邦楽&日舞コンサート

13:00-16:45 第2部 国際交流 第2部(一部有料席有)
ウズベキスタン共和国発掘調査特別講演
ウズベキスタンバクトリア美術」 
講師:安田 治樹(立正大学教授)

■国際交流コンサート(各国の楽器とのコラボレーション新作初演)
ウズベキスタン共和国 ドイラ,サーズ×箏
「KIZUNA(眼龍義治作曲)」他
ルーマニア パンフルート×箏×マリンバ
+「4つのミニアチュアズ(河内琢夫作曲)」
ウクライナ バンドゥーラ×邦楽器
チリ共和国 チリダンス×邦楽器+α
スイス連邦 アルペ ンホルン×箏 他

17:00-19:30 第3部 日本の文化(一部有料席有)
■映像とお話「平和の舞2018―鎮魂と再生―
ひろしま神楽と<オロチ、神楽とオーケストラの協演>」
お話:伴谷 晃二
(作曲家・エリザベト音楽大学名誉教授/平和の舞2018総監督)

■上田麻里名 箏コンサート
いつしか時は過ぎゆきて(野村祐子作曲)他

■高橋治子 マリンバコンサート
キャニオン(K.プッツ作曲)他

展示エリア 
ウズベキスタン発掘調特別展(立正大学提供)
ウズベキスタン「1st Maqom Art International Forum」展
・世界の民族楽器と伝統展(港区大使館等提供) ウクライナカンボジアコスタリカ、チリ、他多数。
・大森慶宣 一筆画作品個展 他