時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

一つになれない欧州 ―独・仏の力の衰え― 

f:id:Nobuhiko_Shima:20190510185034j:plain

 欧州連合EU)の議会選挙が5月下旬(23日~26日)に各加盟国で行なわれ、7月2日に新議会が招集される。5年に1度、各加盟国の直接選挙(比例代表制)で行なわれることになっており、有権者は約4億人と民主国家の中では世界第二位の規模だ。欧州議会は加盟国政府を代表する閣僚理事会と立法機関から成り立ち欧州の予算や人事などを決めることになっている。定数は751議席だ。

続きは、本日配信のメールマガジンまぐまぐ」”虫の目、鳥の目、歴史の目”にてご覧ください。(初月無料)

続きに掲載されている本記事の見出し
EU各国で右派、大衆迎合派が台頭
■70年代以降の東欧民主化は沈滞
■グローバル主義で二極化か
■独・仏の衰退と英の離脱でバラバラに
■中国、ロシアが接近

トップ画像:写真AC チョコラテさん作成画像