時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

1強体制を固める中国・習政権 ―江沢民・胡錦濤派潰しに躍起―

f:id:Nobuhiko_Shima:20170810154845j:plain

 五年に一度の中国共産党大会が近づいているせいか、このところ習近平・中国国家主席の一強支配を示す動きが目立つ。7月30日に行なわれた中国人民解放軍の創立90周年を記念する軍事パレードでは、習主席が珍しく迷彩服を着て閲兵に参加した。普段は背広姿(中山服)が多いので、オヤッと思わせ、軍を掌握している姿をあえて見せたのかなと感じさせた。また兵士たちがこれまでの指揮官を呼ぶ「首長閣下」の呼称でなく「主席閣下」と呼んだという。

続きは、本日配信のメールマガジンまぐまぐ”虫の目、鳥の目、歴史の目”にてご覧ください。(初月無料)

www.mag2.com


続きに掲載されている本記事の見出し
・習の後継者候補を次々と放逐
・側近を次々と重要ポストに抜擢
人権派弾圧、アメリカとも溝
・秋の共産党大会までの一時的締め付けか

画像:Wikimedia commons 中華人民共和国国防部本部(Netson)