時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

もんじゅの廃炉で核燃サイクル絶望へ

f:id:Nobuhiko_Shima:20180810134851j:plain

 「IEA(国際エネルギー機関)が昨年の報告で、“多くの国において太陽光が最も安くなる”と指摘したことにショックを受けた」(7月24日付朝日新聞)――IEA元事務局長で、日本のエネルギー政策の第一人者とみられている田中伸男・日本原子力産業協会理事が自然エネルギー財団のシンポジウムで発言した内容が波紋を呼んでいる。田中氏は経済産業省出身でエネルギー政策にかかわり続け、同省エネルギー庁の原子力産業課国際原子力企画官などを歴任。2007年9月からIEAに出向し事務局長を務めていた。いわばこれまでは原発推進派と見られていた。


続きは、本日18時ごろ配信のメールマガジンまぐまぐ」”虫の目、鳥の目、歴史の目”にてご覧ください。(初月無料)


続きに掲載されている本記事の見出し
・世界で相次ぐ原発計画の中止
プルトニウムの削減を明記

 

画像:Wikimediacommons(もんじゅ/撮影:Nife)