読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時代を読む

ジャーナリスト嶌信彦のコラムやお知らせを掲載しています。皆様よろしくお願いいたします。

ウズベキスタン日本人抑留者資料館 スルタノフ館長制作の日本人抑留者のドキュメンタリー映画「ひいらぎ」が再び上映!

スタッフです。ウズベキスタン・タシケント市にて日本人抑留者資料館を私費で運営されているジャリル・スルタノフ様の記録映画「ひいらぎ」がこのたび日本で再び上映される運びとなりましたのでお知らせいたします。 【抑留時の勤勉な日本人の様子がわかる貴…

27日 中央FM「Wonder Jabber」に出演

スタッフです。27日(日)21時から放送の中央FM「Wonder Jabber」に嶌が出演いたします。昨年上梓したウズベキスタン・ナボイ劇場建設秘話を記した「日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた」(角川書店)に関するお話しをしております。 今回2週連…

舞鶴のシベリア引揚げ秘話「岸壁の母」の歌にもなった聖地

先日、敗戦後の引揚者、外地抑留者の”聖地”とまで呼ばれた京都府の日本海に面した「舞鶴」へ行ってきた。若狭湾からさらに奥に入り込んだ小さな湾の奥に位置する市で人口は約8万人。舞鶴エリア内には戸島、乙島、鳥島など小さな島がいくつも浮かんでおり実に…

戦後70年、舞鶴からのメッセージ~引揚げの悲劇が風化していませんか!?~

私が会長を務める日本ウズベキスタン協会の総会後に日本の戦後引揚者たちの聖地といわれた舞鶴市からゲストをお迎えし、戦後の秘話をお聞きする予定です。 私も先日、舞鶴に行き引揚資料館や日本一美しいといわれる舞鶴湾と海に浮かぶ小島を見てきました。 …

1月21日日本記者クラブ会見レポートを寄稿、ウズベク 日本人抑留者資料館館長のインタビューや来日の模様が今夜NHKで放送

ウズベクで日本人抑留者資料館を自主運営 ウズベキスタンには、第二次大戦の敗戦後の1945年から49年にかけて約2万5000人の日本人捕虜が満州などから強制連行された。その日本人抑留者の歴史を伝えるため、私費で調査を続け1998年に「日本人抑留者資料館」を…

「シルクロードにオペラハウスを建てた」~日本人捕虜抑留秘話 その2~

いまだに毎日感想を寄せて頂き、楽しみに拝見しています。もう100通近くになりました。若い兵隊が厳しい環境の中で、もめることなくみんなで協力して後世に残る劇場を作った日々の生活や事件に感動してくれたようです。神戸の友人は図書館へ借りに行ったら23…

日本とイスラムを結ぶ中央アジア?

安倍首相夫妻と日本企業など約50社が中央アジア5ヵ国を訪問し10月28日に帰国した。小泉元首相は9年前にカザフスタンとウズベキスタンを訪問したが、それ以来の首相訪問で5ヵ国全てをまわったのは現役の首相としては初めてのことだ。 ※画像はウズベキスタン…

「日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた」~日本人捕虜抑留秘話 その1~

スタッフです。 9月30日に発売したノンフィクション「日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた」(角川書店)はおかげさまでだいぶ認知が向上してまいりました。 昨日安倍首相はウズベキスタンを含む中央アジア訪問から帰国され、注目が集まっている…